FC2ブログ
topimage

時代を語るピアノの響き タローネ、ベヒシュタイン 編 - 2020.02.20 Thu

時代を語るピアノの響きコンサートの後半は場所を隣の部屋に移動して、歌枕所有のイタリアのピアノ「タローネ」からです。
YAMAHAとの関係もあるこのタローネは他のどのピアノとも違う雰囲気と響きを持っています。
理想のピアノの音を求めたタローネがたどり着いた自分で作ったピアノ。



今回はピアノの下に潜っていただいて響板から降ってくる音のシャワーを聴いて頂いたりもしました。
歌枕のほんの数音しか弾いていない演奏から宇宙が広がっていました。
聴かれていたみなさん一応にタローネの世界に入っていました。

時代を語るピアノの響きコンサート 終わりました - 2020.02.12 Wed

先日の二日間、うたまくらピアノ工房での催しが終わりました。
遠くは東京から浜松からお越しくださり満席の中、熱い時間となりました。


普段工房のスペースの半分で作業を行っているところを客席にし、展示しているピアノをその時のプログラムの内容を楽しんでいただけるよう大きく配置を変えました。

これは演奏する歌枕の選曲でピアノ同士のいろんなアンサンブルがあるため、音響や呼吸の取り方などの距離感でその時ならではの配置になります。
通常いろんな演奏パターンがある場合、ホールではそのたびに楽器の配置を動かせますが、狭い限られたスペースの工房では視覚的なことや音響的なことを最後の最後まで考え抜いてすべてのピアノを最適なところに配置しました。

実はこのやりとりがいろんな発見を生みました。

YAMAHA U5 ハンマー交換 - 2020.02.05 Wed

YAMAHA U5といえば40年以上前の物ですが、当時の高級機種になります。
このピアノをお持ちのM様から両親に買ってもらった思い出のピアノなのでこれからもずっと使い続けたいと言われ、疲れてきた音色をなんとかしたいとの事でハンマー交換をご提案しました。

今のメーカーのハンマーはあまり良く無いのでドイツのレンナー社がこの機種用のハンマーを出しているのでお勧めしました。


レンナーといえば有名一流メーカーが採用しているピアノ部品メーカーです。
グランドピアノはよく交換しますが、アップライトで交換するまでになるものは少ないです。
なぜなら消耗するまで使い切らないからです。ハンマー交換するくらいまで使ったとしても、次はグランドピアノに買い換えるなどバージョンアップを考えます。

技術者の時間 - 2020.02.01 Sat

今年になって初めての夜学研修を行いました。
「ハンマーの傾き調整・アルコールランプで」
こういう専門的な内容ですが、みなさんがとにかく楽しく興味を持って取り組んでくださった事が本当に良かったです。大変盛り上がりました。



接着された物が変化して位置が変わる、もしくは最初から正確な位置に取り付けられていない場合の調整方法です。
メーカーで取り付けられているものは正しいのか?という疑問を投げかけ、取り付けが最初から正しくない例を指摘して見ていただきました。
木でできているピアノは必ず動く、変化することも含めると常に狂いがある楽器でそれをしっかり調整しなければ最良のパフォーマンスが発揮できません。


不思議なご縁 - 2020.01.22 Wed

先日初めてのお客様の仕事でした。
紹介してくださった方ともあるご縁で仕事をさせていただいています。

久しぶりのメーカー、シュバイツァースタイン。
今回所有されているK様は昔ピアノを買ってもらった時になせ、YAMAHAでなくKAWAIでなくこのメーカーなんだろうと思われたそうです。
メーカーのこともよく知らなかったとのことですが、木目の色合いや音色が気に入っておられたとのこと。
そして人と違うこのピアノがなぜか誇らしかったそうです。

コンサートとセミナーのご案内 - 2020.01.15 Wed

今年最初のうたまくらピアノ工房企画のご案内です。
ピアノ工房の原点はうたまくら茶論にある131年前の燭台付きベヒシュタイン からです。このピアノがきっかけでピアノ工房の技術が始まりました。
今では世界各国のいろんな時代のピアノを展示しており、今回は歌枕直美が演奏、時代背景を話しピアノの個性を体感してもらえるコンサートを行います。




最初はピアノ工房のそれぞれの時代を生きたピアノたちの演奏からです。

その歴史の途中に日本のピアノの歴史と深い関わりあるイタリアの名機「TALLONE タローネ」が登場します。
このピアノはイタリアからやってきて歌枕直美の所有で普段は聴けないのですが今回はこの音色も聴いていただきます。

ヤマハの原点になるベヒシュタイン やタローネが同じ場所で聴けるということもなかなかありません。またうたまくら茶論に移動していただきクラヴィコードやフォルテピアノなどピアノの前身の鍵盤楽器の演奏も行い、最後にベヒシュタイン の創始者カール・ベヒシュタイン が生きていた時代のアップライトを聴いて頂きます。

コンサート
「時代を語るピアノの響きコンサート」
2月9日(日)10日(月)10:30~12:30
大人:¥2,750 学生:¥1,650

演奏ピアノ
ピアノ工房
MASON & HAMLIN メーソン&ハムリン
PLEYEL プレイエル
SEILER ザイラー
SCHIEDMAYER シードマイヤー
YAMAHA ヤマハ

夢工房
TALLONE タローネ

うたまくら茶論
BECHSTEIN ベヒシュタイン

コンサートお申し込み


セミナー
「ピアノ技術体験」
2月9日(日)10日(月)14:30~16:00
大人:¥2,200 学生:¥1,320
普段調律に来てもらっている調律師の作業を体験して、より深くピアノ知ろう!
ピアノの構造を知るのはもちろんのこと、技術の深さや技術者とのコミュニケーションの取り方のヒントにもなります。
実際に調律、アクションの分解組み立て、整音でどのように音が変わるかなどやって頂きます。
オーバーホールする前のピアノだからできるここならではの内容です。

セミナーお申し込み

うたまくら茶論ランチのご案内
うたまくら茶論にて、歌枕直美お手製のオリジナルランチをご準備しております。
ランチをお召し上がり頂きながらの音楽談義をお楽しみください。
12:30~14:00 ¥1,650 (要予約)


1日コースでも午前のコンサートからランチまで、ランチからセミナーまでなどいろいろ選んで頂けます。
是非お問い合わせください。

utasha@utamakura.co.jp

仕事始め - 2020.01.08 Wed

2020年が始まり3日より始動しています。
お預かりのピアノがいっぱいあり、その作業に取り掛かっています。
これらのピアノの共通点はみなさんピアノを大事に思ってくださっている事です。
何年も使っていなかったけれど思い出のピアノをもう一度蘇らせたい、使い続けたピアノをまだまだ使いたいので修理する、などそれに携われることに感謝です。

職人の手で作られたピアノの温もりをもう一度感じてこちらもひとつひとつ丁寧に仕上げます。
最後は良い音が奏でられるように。



いろんな動きがある2020年ですが、うたまくらピアノ工房のいろんなご案内もこの場を借りてお知らせしていきます。

どうぞご期待ください。
そしてピアノ工房まで足をお運びください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
35年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

  • 最新記事
2020年02月20日 (木)
時代を語るピアノの響き タローネ、ベヒシュタイン 編
2020年02月12日 (水)
時代を語るピアノの響きコンサート 終わりました
2020年02月05日 (水)
YAMAHA U5 ハンマー交換
2020年02月01日 (土)
技術者の時間
2020年01月22日 (水)
不思議なご縁
2020年01月15日 (水)
コンサートとセミナーのご案内
2020年01月08日 (水)
仕事始め
次 >>
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク