fc2ブログ
topimage

終わりましたベヒシュタイン響き企画 - 2022.08.09 Tue

先日うたまくらピアノ工房で行われた「時代を語るベヒシュタインの響き」が無事終わりました。
ベヒシュタインジャパン社の加藤社長をお呼びして、ベヒシュタインの秘密をいっぱいお話しいただきました。

構造の話、歴史の話、アップライトの魅力。


もちろんこれだけには収まらない話がいっぱい。
それを歌枕が引き出してみなさんにお伝えしました。
ま加藤社長とは東西ドイツの統一の激動の同じ時期にヨーロッパに行っていたということもあり、その時代の話などもリアルに出来ました。

いよいよ今週 ベヒシュタイン 企画 - 2022.08.02 Tue

今週8/5金曜日に「時代を語るベヒシュタインの響き」の企画をおこないます。ベヒシュタイン ジャパンの加藤社長をお呼びして歌枕と3人の掛け合いでベヒシュタインの話と演奏を楽しんでいただきます。


加藤社長との最初の出会いはドイツ、フランクフルトのムジーク・メッセ(楽器見本市)私が27歳の時でした。
詳しくは今週のベヒシュタイン企画でお話しできたらと思いますが、1992年までイタリアに7年いて(当時の日本のことは完全に抜けていますが)西ドイツからドイツになった激動のヨーロッパにいたのだとあらためて想いを馳せて、その時のベヒシュタイン工場研修の事とか、いろんな話が加藤社長とできるのではとワクワクしています。

22~23歳の時にドイツのピアノ修理工房で、当時100年は経ったベヒシュタインのグランドピアノをオーバーホールして蘇らせた音を今でもはっきり覚えています。コーヒーを飲みながらピアノを弾いて満足げなマイスターの顔も。

時代を語るベヒシュタイン の響き - 2022.07.23 Sat

来月8月5日にベヒシュタイン ・ジャパンでドイツピアノ製作マイスターでもある加藤社長を招いてうたまくらピアノ工房で「時代を語るベヒシュタイン の響き」を行います。



170年変わらないもの、時代と共に変わって行くもの、時代背景から構造からいろんな切り口でベヒシュタイン ピアノのお話しを致します。

是非この機会にベヒシュタインの響きの秘密を知ってください。

●場所:うたまくらピアノ工房 大阪府吹田市日の出町9-21-105

●日時:2022年8月5日(金)15:00~16:30

●料金:¥2,000(税込)

●お話し:ベヒシュタイン ジャパン 加藤社長
歌枕直美、荒木欣一

●お申し込み:株式会社うたまくら 06-6317-3873 utasha@utamakura.co.jp

ベヒシュタイン納品 - 2022.07.15 Fri

先日ベヒシュタインのグランドピアノを納品しました。
いろんなベヒシュタインをH様と一緒に探して最後に辿り着いたのが1960年代のものでした。

進化を続けるピアノということで年代で違ってくるのは知っていましたが、古いものを今の新しい部品で再現するわけですから、その時代の音を知っていないとできません。

一目惚れ - 2022.07.06 Wed

YAMAHA レーモンドモデルのアップライトの修理を終えて、先日のコンサートでお披露目を終えた後、すぐに決めていただけた方がいました。
その方は、工房でのレッスンのためよく出入りされていて、外装のフォルム、佇まいに一目惚れしたそうです。
そして、修理過程を横目で見ながら通り過ぎていって仕上がりを待って下さっていたようなのです。
そして音を聴いて、やっぱりこれ!という事で決めていただきました。

ピアノ技術見習い生募集 - 2022.07.01 Fri

株式会社うたまくら ピアノ技術見習い制度について

概要
昨今のピアノ業界は大変厳しい状況下に置かれて、楽器店経営、調律師としての継続などが大変難しくなってきています。しかしながらコロナ禍での状況、ピアノを弾く人が継続して増えているのも現実としてあります。また新しいピアノがどんどん値上がりする傾向にある中、中古ピアノの需要も増えその修理もニーズは高まるばかりです。調律師養成学校がどんどん閉鎖していく状況は受け入れ先である楽器店などが経営的に厳しいという時代背景にあります。大手メーカーも調律師を養成しても就職先がないため斡旋できず、調律師としての生き方に疑問を持たざるを得ない時代になっています。しかしながらこれから先ピアノは無くなる事はないので調律師としてのニーズは人数が少なくなる中で高まるばかりです。

調律師になっても継続してやり続けている割合は1割です。これから先もこの割合は変わらないでしょう。そしてこの1割の技術者の技術レベルは様々です。そしてより高い技術が求められる客層に対しての調律師はまだまだ人数は少ない状況です。ピアノが1番売れた時代の調律師70代60代後半の方々があと数年でどんどん引退されていきます。その土壌への対応も早急に迫られてきています。

目的:
うたまくら社ではこれから必要とされる時代の調律師を育てていくために来年の春から見習い制度を設けます。それは時代に合った仕事、調律、修理、オーバーホールができ、そのために必要な事務作業や、お客様とのやり取りにもっとも必要とされる人間性も育てます。
また、コンサート調律の世界も人材不足です。その対応する技術、ノウハウも伝えていくべく今の若い人たちに引き継いでいってもらおうと考えています。


時代を語るピアノの響きコンサート - 2022.06.09 Thu

2週間後コンサートが行われます。

工房では修理の合間での準備を進めています。

日曜日、平日月曜日とご都合の良い日にお越しください。
100年前のピアノから新品のベヒシュタインまでピアノの響きを歴史を堪能してください。

--------

うたまくらピアノ工房では100年以上の歴史あるものや、現在造られているピアノたちがあります。
ピアノという言葉が電気の音までも含まれてしまう今、歌枕直美の演奏で日本にとどまらず世界中の本物のピアノの個性ある音色を体感していただき、そのピアノのお話、生きてきた時代のお話をいたします。

*コロナウイルス感染予防対策のため、「検温」「手指アルコール消毒」「マスク着用」などのご協力をお願い致します。また少人数制での公演となります。お早い目のお申し込みをお願い致します。

日時:
6月19日(日)、20日(月)10:30~12:30

会場:
うたまくらピアノ工房・うたまくら茶論

料金:
大人¥2,750(税込)
学生(小学生以上)¥1,650(税込)

演奏・お話:
歌枕直美

楽器案内人:
荒木欣一


創業者カール・ベヒシュタインがいた時代の132年経つピアノがあるうたまくら茶論でランチをお召し上がりください。

ランチお申込みの場合
時間:
12:30~14:00

料金:
¥1,650(税込)

オンライン申込み

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

  • 最新記事
2022年08月09日 (火)
終わりましたベヒシュタイン響き企画
2022年08月02日 (火)
いよいよ今週 ベヒシュタイン 企画
2022年07月23日 (土)
時代を語るベヒシュタイン の響き
2022年07月15日 (金)
ベヒシュタイン納品
2022年07月06日 (水)
一目惚れ
2022年07月01日 (金)
ピアノ技術見習い生募集
2022年06月09日 (木)
時代を語るピアノの響きコンサート
次 >>
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク