topimage

若い技術者への義務 - 2017.04.20 Thu

うたまくらピアノ工房での作業、取り組みが若手技術者から注目を浴びています。

多岐にわたる作業内容、作業のクオリティー、そしてお客様への対応が、一般的なピアノ販売店には無いものです。
ピアノの金額の差はあれど、どのピアノに対しても同じ姿勢で仕事に取り組んでいます。
若手の技術者は勉強の場を探しています。
情報化社会になった今、技術的なものの情報も飛び交っています。
文章、写真、動画などで得ることはできますが、体験することとは別物です。



調律師 - 2016.04.27 Wed

今年の本屋大賞は『羊と鋼の森』宮下奈都さん(文藝春秋)で、ピアノ調律師が主人公です。
この裏方の仕事が主人公となるのは大変珍しいことです。
高校生がピアノ調律師という職業を選び、目指していく。
そしてその日々の成長を描いていく物語は、読んでいて懐かしくもありました。



ピアノが売れないと言われる時代で、あえてこの道を選ぶ人もいると思います。
よほどの覚悟が必要だということと、大変だからこそ好きでないと続かない世界です。
このように本に取り上げられ、魅力が少しでも広まっていくことは嬉しいことです。

30数年この世界にいますが、年々その質が問われているように思います。
人間よりピアノの方が長生きするので、そのピアノを見ればどのように生かされてきたかが見えます。
一台のピアノが一人の持ち主で終えるというのはあまりなく、次の持ち主へと渡っていくことが多いのです。
そしていろんな調律師が見ていくことになり、けっして恥ずかしくない仕事をしておかないといけないと思っています。

技術だけでだめ、口だけの仕事もだめ、機械的なことだけでもだめ。
芸術である音楽を奏でる楽器。
それを調整する調律師は技術と感性のセンスも問われます。

一生磨き続けなければいけない仕事、だから面白いのです。

連携プレー - 2014.10.13 Mon

現在、うたまくらピアノ工房から外装などの作業で出ているピアノが3台あります。
ヤマハのグランドピアノ、G2。
これは引き取らせて頂いて、きれいにして次の方へ渡るべく準備をしています。

外装の磨き、譜面台のすり減った黒のフェルトの交換、響板の掃除、鉄骨の掃除。
アクション関係の摩耗した部品交換、調整。

ジョン・ブロードウッドの全塗装。
これは購入頂いたお客様のお好みの色に仕上げています。
今まで塗ってある塗料を剥がして、お部屋の雰囲気に合う色合いのします。
色見本を作って、濃い色、薄い色、木目の導管を活かした仕上げ、艶消し仕上げ、の中から選んでいただきます。
20141011181536.jpg




ちょっと、どうよこれ! - 2012.05.27 Sun

あまりこんな内容を書く気にはなれないのですが、あまりにもひどい話だったので、ちょっと、どうよこれ!

先日紹介で調律に伺いました。
転勤で関東から引っ越して来られ、引越しが終わった途端、いきなり電話がかかってきて、調律の約束をさせられたとのこと。

その時の調律が、どうしても信用できません。
どうかもう一度ちゃんと見て欲しい、とのことでした。

電話で話を伺っただけではなんとも掴みどころが無い感じなので、実際にピアノを見てからにしようと思いました。

小学生のお子さん二人がピアノを習っておられます。
そのピアノはお母さんが結婚記念に買われたピアノとのこと。

これまた思いが詰まったピアノです。
さて、ピアノを開けてみると、、、



同じ心 - 2011.12.23 Fri

調律師と調律技師の違いをご存知でしょうか。

この秋から、調律師という職種が国家試験となり、受かったら調律技師という名前になります。
嗜好品としてのピアノに国家資格がいるのか、疑問ですが、世の中の流れがそうなってきているということで、いずれこの業界の人たちは、この渦に巻き込まれていくことになるのでしょう。

私は「調律師」です、いや調律もできる「ピアノ技術者」です。
人と触れ合いコミュニケーションを取る、嗜好品のピアノを調整する「ピアノ技術者」です。
そこには心が通い、ぬくもりがあるところです。


国家試験になるとどうなるのでしょうね。
想像がつかないのですが、持っていなかったら、モグリ?

誰かに言われました、免許を持っていないカリスマ調律師「荒木」。
これもいいのかな。

こういう私の研修を受けたいという方がいて、昨日行いました。
大盛り上がりで新たな意欲が湧いて来ました。



大同窓会 - 2011.09.23 Fri

今日、名古屋の調律師を養成する学校、中部楽器技術専門学校が30年経ち、同窓会が開かれました。


88歳になられた先生と28年ぶりにお会いでき、感激しました。
昨年まで現役で一般家庭を回られていたとのこと。
辞められた理由はグランドの屋根が重くて開けられなくなった、ということで笑われていましたが、今でもまだ心残りな様子でした。
でもピアノ技術一筋の人生、優しいお顔に表れていました。

戦争の時に、満州におられて、日本が負けて、船で帰ろうとした時、たまたま赤痢でその船に乗れず、直るまで、満州に止められていたとのこと。
しかし、その船は潜水艦の攻撃で沈没してしまったこと、などをお話され、「私は悪運強く生かされたんです。その人生を全うしないと。」と言われていました。

涙が出そうでした。

こういう貴重な先生に教えていただいていたんだと、今さらながら知ることができ、幸せでした。

30年という年月を思うと、時代時代でいろんな考え方があり、その時に習った先生で人生が変わるほど全く違うのでは、と思ってしまいます。



ママさん調律師がんばれ! - 2009.12.10 Thu

関東方面の調律に来ています。
先日、何年ぶりかに同期の調律師に会いました。
年は私よりひとつ上ですが、調律学校では同期。
そして、彼女は今でもバリバリと現役でがんばっているママさん調律師です。

お互いに26年、環境は違っても同じピアノにまつわる仕事として、色んな話しに花が咲きました。





調律学校の30周年記念で思うこと - 2009.10.31 Sat

先日、名古屋にある私の卒業した調律学校が30周年ということで、記念のコンサートがありました。
そのコンサートの仕事をさせて頂きました。
クラシック用、ジャズ用と二台合せです。


私はその学校の4期生になり、卒業して四半世紀たったことになります。
その時の状況から様変りしていることに、改めて驚くのと、この業界の厳しさを目の当たりにしました。




オーケストラの裏側 - 2009.01.29 Thu

ちょっとモデルになってくれへん!

ということで関西フィルハーモニーのライブラリアンの河野女史に頼まれ、「調律師」代表ということで奈良新聞に載りました。
知っている人は知っている、知らない人は何をやっているかは全くわからない世界かもしれませんが、読んで見てください。
オーケストラの裏側が見えてきますよ。

名前が出ていないので、これ本人ではないよと言われればそれまでなのですが、、、本人です!

20090130000347.jpg








師匠の死 - 2008.02.27 Wed

突然の師匠の死が電話で知らされました。
この道に進んで、最初にピアノの音作りを教えてくれた方でした。





まだ、訳が分からない調律学校の学生の頃、イタリアに行くことが決まってその訓練と研修を兼ねて半年浜松のピアノ工場に行きました。
毎日が学校で習ったことの無いことばかり、その中で「整音」という音作り実技を手取り足取り教えてくださった最初の方が、O師匠でした。

O師匠はヤマハの工場で整音の責任者をされていたこともあり、有名なピアニストの目の前で作業を行い評価されたこともしばしば。
素早い手作業、仕事のきれいさ、道具の配置、など当時の私には魔法のような作業でした。
当時のピアノメーカーで整音をしっかり行っているところはあまり無く、小さいメーカーだからこそこういうところでの勝負になる、自分が活かされるということで、この工場に来られ作業されていました。

教えていただく中で、慣れというものがあります。
やり方はわかっていても、体で覚えない限り結果が出ません。
整音の作業の中に、ハンマーに針を刺して、繊維をほぐし音色を整える作業がありますが、これが大変難しく、なにせ硬い石のようなフェルトに針を入れるのですから勢いが無いと入っていきません。
何度ハンマーを支えている左の親指に針を刺したことでしょうか。
針が骨まで行ったこともありました。
血が出てハンマーが赤くなると商品になりません。
いろいろ注意されながら、音がそろっていく楽しみをそこで覚えることができました。




また、特別に一般家庭調律にも同行させていただくことがあり、お客様との楽しい会話、作業のポイント、続けていくことの夢など、調律師とはこういうことなのかという教科書のようでもありました。



思い出せばまだまだ出てきますが、絵を書くことが大変お好きで、いろんなものに出品されていました。
そういう芸術的な才能をお持ちの方だったからこそ、最後にピアノに命を吹き込むようなお仕事ができたのかと思います。



誰にも知らせずに葬儀を終えたということらしいのですが、師匠の奥様が手帳の最後に私の名前を見つけ知りあいに伝え、連絡をいただいたのですが、覚えていてくださって光栄でした。

O師匠、本当に、本当にありがとうございました。





安らかにお眠りください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2017年04月20日 (木)
若い技術者への義務
2016年04月27日 (水)
調律師
2014年10月13日 (月)
連携プレー
2012年05月27日 (日)
ちょっと、どうよこれ!
2011年12月23日 (金)
同じ心
2011年09月23日 (金)
大同窓会
2009年12月10日 (木)
ママさん調律師がんばれ!
2009年10月31日 (土)
調律学校の30周年記念で思うこと
2009年01月29日 (木)
オーケストラの裏側
2008年02月27日 (水)
師匠の死
次 >>
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク