topimage

フルシュタインと初物スイカ - 2008.06.26 Thu





毎年この時期に伺うN樣のお宅で、調律後必ずスイカが出てきます。
それを頂きながらお話をして、、、

このスイカを食べてまた、今年の夏が始まったなぁと思います。

SA290041.jpg



SA290040.jpg


SA290039.jpg


イタリアはピアノが生まれた国なのにピアノが発達しなかった歴史があります。
小さなメーカーが少し、それもあまり知られていないメーカー。

そして、タローネを生み出した国でもあります。

このフルシュタインは小さいですが甘く明るい音色はやはりラテン系でしょうか。
ランガーアクションが付いていてイタリアと言いながら混血です。
アクションはフランス製やドイツ製。
昔からヨーロッパのメーカーは分業でした。

このフルシュタインの親会社はファルフィーサという鍵盤楽器メーカーです。
アコーディオン、キーボード、など。




それにしても夏はなぜこんなにもスイカが似合うのでしょうか。
季節感を大切にするN様、来年も楽しみにしています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2008年06月26日 (木)
フルシュタインと初物スイカ
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク