topimage

ピアノの役目 - 2014.12.11 Thu

2年前に納品させて頂いたオーガスト・フェルスターの調律に伺いました。
寒い冬、ピアノの向こうに薪ストーブが見えます。



今回はお嬢さんたちの学校の終わりの時間に合わせて伺いました。
するとお友達、お友達のお母さん、将来調律師になりたいという高校生君が見学に来られていました。

恒例のピアノの外装を外しての鍵盤の取り外しをお手伝いしてもらいます。
大人も子供もみな同じ反応と表情が嬉しいです。



オーガストフェルスターのお嫁入り - 2013.02.07 Thu

先日オーガスト・フェルスターのアップライトをご購入頂いたR様のお宅に伺いました。
このピアノをオーバーホールして時間が経ちましたが、出会いを待ち続けていました。

うたまくらにこのピアノが来て分解したときは、どこから手を付けていこうか悩みましたが、当時の材料の良さ、楽器としての作りの素晴らしさを見て、きっと魅力的なピアノになると直感し作業を行ったことを昨日のように覚えています。


P2040007.jpg

写真でもお分かりのように、R様のお宅にもう何年もあったかのような存在感としっくり感があり、びっくりしてしまいました。



オーガストフェルスター 現地での納品整音 Vol.3 - 2013.01.29 Tue

S様が留学先のチェコから持って帰ってきたピアノ。
それが80年ほど経っている戦前のピアノ。
工房での修理を終え、ようやく納品となりました。
納品と言いながら、本体に入れて初めて聴く音になります。
P1270021.jpg

以前の音色の記憶と、S様のご希望の音色を考え、アクションの調整も含めまとめていきます。



オーガストフェルスター 工房でのこだわり修理 Vol.2 - 2013.01.23 Wed

ドイツから帰ってきたハンマーを取り付け、ハンマーウッドにフェルトを巻いてもらった時に起きた、接着部分のニカワ切れを直し、ハンマーが動くところの軸となる部分のガタを直し、今回から鍵盤に移ります。

昔の鍵盤は象牙が使われています。
年数が経っていくと、だんだん剥がれていきます。
そういうピアノは多分年数の経った象牙でしょう。
そして、象牙でも戦前のピアノに多いのはジョイント象牙です。
手前側と奥側、つまり幅の広いものと狭いものの2枚で一つの白鍵を作っています。

その手前部分が剥がれてしまいます。

はがれた鍵盤の修理は貼り直すだけなのですが、これが結構難しいのです。

P1220027.jpg




オーガストフェルスター ドイツでのこだわり修理 - 2013.01.08 Tue

昨年からお預かりしている修理で、80年以上経っているオーガストフェルスターのグランドピアノアクションです。
S様がチェコに留学中大変気に入られて購入して持って帰った来られたピアノです。
向こうでは当たり前のようにこのような古いピアノがいっぱい使われています。

普通に部品の交換を行なっていくのと今回はちょっと違う、こだわりの修理をお客様とお話して決めました。
80年前の部品が今は手に入りません。
また、マイナーなメーカーなので、販売台数も多くなく、オリジナルのアクションの設計がメジャーにはならなかったので、現在は作られているモデルではありません。

すると必然的にその当時からの部品を極力直すというやり方以外ありません。
もしくは自作する。

ハンマーの木部の形とフェルトの厚み、そしてハンマーシャンクの素材の良さから、このハンマーウッド自身にフェルトを巻いてもらう修理をしようという選択を取りました。
この修理はドイツでしか行われていないため、ドイツのハンマー工場に送ってやってもらいました。
8年前にうたまくら茶論にある120歳のベヒシュタインのアップライトの修理の時も同じやり方を行いました。
古い部品が蘇ります。

P1040007.jpg
完成してドイツから送られてきたハンマーアッセンブリー




オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.ついに完成! - 2008.10.30 Thu





ようやく、長い時間がかかったピアノの新生が終わりました。
オーガスト・フェルスター。

DSCN5283.jpg


持ち主のいない施設に置かれ何年か経ってしまったピアノがようやく、2回目の産声を上げました。

アクションの修理と、響板の修理が一番時間がかかりました。
アクションは以前の調律師が湿気で動かなくなっている、部品に何やら薬品を塗って滑りを良くしようとしたらしく、結果はそれが原因で逆の全く固くて動かない状態になってしまいました。
この薬品の除去と、細かい部品の動きのチェックです。

完成の写真です。
DSCN5280.jpg


最後の作業は、鉄骨に塗られている文字のはげている部分の塗装でした。

DSCN5279.jpg

完成後、一人でピアノをポロンポロンと弾き、80年以上経っているピアノからまた音が聞けるという、幸せな時間です。

このお披露目のコンサートでもある、煌めきピアノコンサートにも是非お越し下さい。

次の持ち主が現れるまで、じっくりと育てていきます。

DSCN5291.jpg




過去の修理状況です。

オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編 - 2008.10.01 Wed





オーガストのアップをすっかり怠っていました。
忘れていたわけではありません。
いろいろと仕事が重なっているので、忘れられないようにアップしていきます。

アクション修理に入り、オーバーホールの詰めに入ってきました。
80年前のメッキが剥げてしまっている部分をメッキを剥がし、本来の鉄の輝きを出すために磨き上げました。
DSCN5059.jpg

DSCN5058.jpg

メッキの下で錆びた錆を落とすためにメッキを剥がし、表面が荒れた部分を細かいヤスリで磨き上げていきます。
磨き上げることで錆びにくくなります。

ここはブラケットと言ってアクションの骨組みで、本体とアクションを固定する部分です。
今ではこの部分が鉄ではなくアルミになっているメーカーがほとんどです。
こういう良い部分をずっと残していきたいと思っています。

オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.6 本体完成! - 2008.08.07 Thu





ようやく本体が完成して立てることができました。
DSCN5048.jpg

DSCN5049.jpg

底板(ペダルが付いている底の板)を取り付け、足をつけ、鍵盤やアクションが乗る棚板を組み立てます。


DSCN5047.jpg

ペダルの天秤棒ですが、最初は左側のようにホコリなどで汚れています。汚れを取り磨きをかけると右側のように生まれ変わります。

底板の状態も同じで、ペダルも磨き上げ取り付けてみると、凛々しく生まれ変わりました。
後は鍵盤とアクションです。

もう少し!

オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.5.1 張弦完成! - 2008.07.30 Wed






張弦完成!
DSCN4732.jpg

弦の配列がきれいです。
その下で輝いている工場の絵もきれいです。
DSCN4736.jpg

チューニングピンの根元に赤い輪(ブッシングクロス)があるのも珍しいです。

また、張っただけでは終わらないのがピアノ。
弦が固いため、ピンに巻いてある部分のコイル状の密着も影響するので、しっかりとくっつけます。

そして、じわじわと音程を上げていきます。
急激に上げると老体が悲鳴をあげます。
優しく優しくゆっくりと、、、

次に本体組み立てとアクション鍵盤の修理です。

オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.5 - 2008.07.26 Sat





ようやく、アップできました。
響板のニスが乾き、鉄骨を乗せ、張弦の真っ最中です。

DSCN4731.jpg
赤いクロスを張り替え、新しいチューニングピンと弦、光っていて気持いいですね。


DSCN4728_1.jpg
アップで見るとこんな感じです。

DSCN4730.jpg
そして実際はこちら側から作業を行っています。

技術者によっては弦の張り方が違ったりしますが、私は高音側から、つまり細い弦から張っていきます。
弦はかなり固い物ですので、作業しずらいのですが、細い弦からだんだん太くなっていきますので、手の感触が作業になれてくることには太くても大丈夫。
低音弦に行くまで、何種類のサイズの弦を張るかご存知でしょうか。


12~13種類です。
サイズも0.800mm~1.200mm
つまり0.025mmづつ変化しています。
この差は何年もやっていると手で触って違いがわかるものなんです。

弦を全部張り終えてまた、全容をご報告したいと思います。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2014年12月11日 (木)
ピアノの役目
2013年02月07日 (木)
オーガストフェルスターのお嫁入り
2013年01月29日 (火)
オーガストフェルスター 現地での納品整音 Vol.3
2013年01月23日 (水)
オーガストフェルスター 工房でのこだわり修理 Vol.2
2013年01月08日 (火)
オーガストフェルスター ドイツでのこだわり修理
2008年10月30日 (木)
オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.ついに完成!
2008年10月01日 (水)
オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編
2008年08月07日 (木)
オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.6 本体完成!
2008年07月30日 (水)
オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.5.1 張弦完成!
2008年07月26日 (土)
オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.5
次 >>
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク