topimage

次のステージ - 2014.12.17 Wed

8月に問い合わせがありました。

ピアノの調律の会社にこのようなメールを失礼かと思いましたが・・・ 話を聞いて助言していただければと思い書かせていただきました、という始まりで。

「今から45年前古いピアノを譲りうけました。
黒いアップライトピアノでWAGNERと書かれていました。 
このピアノは母の家においてあったのですが、母が先日亡くなり家を出なければならず、ピアノをどうしようかと・・・ 誰もピアノを弾いていない状態だったので、長年調律もしていませんでした。
調律してからどなたかほしい方に渡そうと思い、話を進めていたところ、維持費と処分費がかかる、ワグナーのピアノ引き取りは有料でしかないということだったそうです。
ワグナーのピアノが一般的に知られてないこと、ペダルが2つなことが引き取れない理由のようですが、自分もあまりピアノについてほとんど知らないので・・仕方ありません。
自分たちが使わなくなったとはいえワグナーのピアノのこともよく知りもしないのに安易に処分して捨てることが・・・ なんだか嫌で。
誰か楽しんでこのピアノを使って下さる方がと思っていろいろ声をかけているのですが・・・それもなかなか難しいようです。
どういう方法が 自分にとっても ピアノにとってもいいのか・・・ 
お返事いただけたらありがたいです。」


広島産のWAGNER(ワグナー) - 2013.06.30 Sun

先日、素晴らしいピアノに出会いました。
「WAGNER ワグナー」ピアノです。
このピアノはI様所有で昭和35年に購入され、30年近く弾かれずにあって、湿気で動きが悪くなっていました。
引き取り修理となったのですが、この引きとったアクションがドイツのレンナー社製で湿気以外悪くなっているところは無いのです。
この当時のドイツ製のアクションはかなりの金額がしたと想像出来ます。

先生の勧めで買われたとのことですが、ピアノ本体もかなりのお値段だったと思います。

そして、鉄骨に「TOYO GAKKI S.K.K HIROSHIMA」と書かれています。
20年ほど前まで浜松の東洋ピアノ、アトラスピアノで作られているブランドでもあったので意味がわからなかったのですが、広島にいる大先輩にお聞きすると、昭和39~40年頃に無くなってしまったメーカーで、その後東洋ピアノと、アトラスピアノがブランドを引き継いだとのこと。

ヤマハと張り合えるブランドだったとのこと。

P6290018.jpg


しかし、大量生産が始まる時代の直前で倒産してしまいました。
ピアノを見れば見るほど手作りでしっかり作られており、音も今のピアノでは考えられないくらい鳴っているのです。
びっくりしました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2014年12月17日 (水)
次のステージ
2013年06月30日 (日)
広島産のWAGNER(ワグナー)
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク