topimage

国産福山ピアノ - 2007.06.29 Fri

関東出張を終え、帰阪しました。
なんか、ホッとします。

関東最終日にまた、面白いピアノとの出会いがありました。

I氏宅にあるピアノ、P.Welce(ヴェルチェ)
イメージ 1イメージ 2


聞き慣れないピアノですが、実はこれは東京のあの有名な福山ピアノのブランドです。
しかも戦後間もない頃の材料が乏しい時代のもので、涙ぐましい工夫がされていました。

響板には 
「先生とともに進む福山ピアノ」FUKUYAMA PIANO
イメージ 3

こんなことが書かれているのにはびっくりです。
写真では見にくいかもしれませんが。

そして中の部品にも当時技術者が使っていたものが出てきました。
イメージ 4

鍵盤の深さを調整するための紙です。

この四角いのを広げると
イメージ 5

何やら日本政府が発行している切符のようです。
70円
いったいなんなんでしょうか。
興味津々です。

そして名刺か手紙と思われる紙で作られていました。
イメージ 6


このように大事に使われて、またしっかりとメンテナンスまでしていただけることが、このように次の世代の方へのメッセージにもなることを実感しています。

素晴らしい発見と出会い - 2007.06.27 Wed



関東方面2日目
どうしてもこの人の多さには何度来ても慣れません。

ところで今回も素晴らしいピアノに出会いました。
Sさん所有1959年アメリカ製 BALDWINボールドウィン・アイソトニック

いわゆる鍵盤の下にアクションがあるスピネットタイプのピアノです。
今まで何台かこういうピアノの修理もしてきましたが、材質があまり良くなく大変な思いがありましたが、これはなんとすべて「木」でできていて仕事が丁寧。

アメリカ人もこの時代は凄いものを作っていたのだなと感心しました。

Sさんはアメリカにいて買って帰られたとのことで、思い出のものとしてこれからも大事に使いますと言われていました。

一安心できた仕事でした。

さあ、出発! - 2007.06.24 Sun

今から夜行バスにて4日間ほど、関東方面のお客様のピアノを見に行ってきます。

毎回の顔なじみの方など、ピアノも同じ顔で待っていてくれるのもうれしい限りです。
今回初めて出会うお客様が2名、もちろんピアノも初めてなのですが、年期が入っているというピアノらしく楽しみにしています。

失礼の無い程度でこの場を借りてピアノのお話ができればと思っています。

ところで昨日思いもかけない電話が飛び込んできました。
栃木県の初めての方からなのですが、どうも私を知っているようなのでそのことについても伺ってみました。

今日は時間が無いのでこの続きは是非次回にとっておきます。


では、行ってきます!

本日デビューです - 2007.06.23 Sat

今まで世界のいろんなピアノと出会ってきました。
それぞれ個性があり、またお持ちの方も素晴らしい方々でした。
これからもいろんな出会いがあるであろうこの世界の話を少しずつでも、知っていただけたらうれしく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ初心者なのでお見苦しいところが多々あるかと思いますが、ご了承ください!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2007年06月29日 (金)
国産福山ピアノ
2007年06月27日 (水)
素晴らしい発見と出会い
2007年06月24日 (日)
さあ、出発!
2007年06月23日 (土)
本日デビューです
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク