topimage

師匠の死 - 2008.02.27 Wed

突然の師匠の死が電話で知らされました。
この道に進んで、最初にピアノの音作りを教えてくれた方でした。





まだ、訳が分からない調律学校の学生の頃、イタリアに行くことが決まってその訓練と研修を兼ねて半年浜松のピアノ工場に行きました。
毎日が学校で習ったことの無いことばかり、その中で「整音」という音作り実技を手取り足取り教えてくださった最初の方が、O師匠でした。

O師匠はヤマハの工場で整音の責任者をされていたこともあり、有名なピアニストの目の前で作業を行い評価されたこともしばしば。
素早い手作業、仕事のきれいさ、道具の配置、など当時の私には魔法のような作業でした。
当時のピアノメーカーで整音をしっかり行っているところはあまり無く、小さいメーカーだからこそこういうところでの勝負になる、自分が活かされるということで、この工場に来られ作業されていました。

教えていただく中で、慣れというものがあります。
やり方はわかっていても、体で覚えない限り結果が出ません。
整音の作業の中に、ハンマーに針を刺して、繊維をほぐし音色を整える作業がありますが、これが大変難しく、なにせ硬い石のようなフェルトに針を入れるのですから勢いが無いと入っていきません。
何度ハンマーを支えている左の親指に針を刺したことでしょうか。
針が骨まで行ったこともありました。
血が出てハンマーが赤くなると商品になりません。
いろいろ注意されながら、音がそろっていく楽しみをそこで覚えることができました。




また、特別に一般家庭調律にも同行させていただくことがあり、お客様との楽しい会話、作業のポイント、続けていくことの夢など、調律師とはこういうことなのかという教科書のようでもありました。



思い出せばまだまだ出てきますが、絵を書くことが大変お好きで、いろんなものに出品されていました。
そういう芸術的な才能をお持ちの方だったからこそ、最後にピアノに命を吹き込むようなお仕事ができたのかと思います。



誰にも知らせずに葬儀を終えたということらしいのですが、師匠の奥様が手帳の最後に私の名前を見つけ知りあいに伝え、連絡をいただいたのですが、覚えていてくださって光栄でした。

O師匠、本当に、本当にありがとうございました。





安らかにお眠りください。

塗装が完成 グロトリアンーシュタインヴェッヒ - 2008.02.27 Wed

ようやく外装の塗装が完成しました。

イメージ 1

イメージ 2


この古いロゴが何とも言えず、風格を醸し出しています。
木目というのは日に焼けたり、色あせたり、置き場所により変化しますので、年数が経つほど差が大きくなります。

今はこのピアノの中のアクションと鍵盤関係の調整に入っています。
もうすぐ、もうすぐ弾いていただけると思います。
いろんな特徴はまた後日ご報告いたします!

ラモー ラテン系 でも ずっしり系 - 2008.02.24 Sun

せっかくもうすぐ春と書いたとたん、こちら大阪では大雪が降りました。
この雪が降る中、コンサートの仕事(そういえば春を呼ぶコンサートというタイトルだったな)を終え、ラモーのピアノがあるうたまくら宮野教室の調律に向かいました。

ここの自宅教室でもあるI先生のピアノですが、フランス製のラモー。

イメージ 1




この配色の発想はさすがラテン系。
鉄骨の色が赤は見たことがありません。
昔から斬新なデザインで業界をにぎわせていました。

イメージ 2


このピアノの歴史は現在のプレイエルに繋がります。


他の特徴として、

イメージ 3


巻き線がしっかりと六角線に銅が巻かれており、その巻き始めの処理もしっかりと密着させています。



イメージ 4


また、アクションもレンナー製の最高のものを使用しています。
スプリング調整を普通、スプリングを広げたり、閉じたりして強さを調整しますが、これは写真のように、ネジ式になっています。
ピンぼけでちょっとわかりにくいかも知れませんが、写真中央にスプリングがかかっている、白い樹脂がありそれを上下できるように金属のネジが付いています。
今ではコストがかかるためにこういう部品を使うところはほとんどありません。


そして、響板の取り方が低音側をゆったり取れるように、奥へ行っても幅が広くなっています。
低音の響きがズーンと来るのです。
生徒さんがその響きを聴いて、演奏に満足されるそうです。


ドイツの楽器と違って、ラテン系の国の楽器はどこか自己主張をした、キラっと光る何かを訴えているように思えてなりません。
私もラテン系なので、、、(とよく言われます)









メーカーの歴史は下記を参考にしてください。


うたまくら宮野教室の特徴です。

ただいま修理中 グロトリアンーシュタインヴェッヒ - 2008.02.23 Sat

グロトリアン120、1974年製、今度のフェアに間に合うように修理中です。
何を修理しているかと言いますと、

外装の色あせ、焼け(全塗装)
アクションの湿気による動きの悪いところのチェック(全部分解お掃除)
鍵盤の消耗部分(フェルト類)の交換
金属部分の磨き(ペダルなどピッカピカに)

どんどんきれいになっていくのがうれしくてたまりません。

そして、整調に調律、整音です。

修理をしながら思うことは、今度はどんな音色のピアノになるのだろう?
しっかりとグロトリアン通りのタッチになってくれるのかな?
いろいろとありますが、今は完全にバラバラの状態なので想像ついていませんが、ハンマーを触る限り、なんかいい感じ!

完成までもう少し!

フッペル アットホームコンサート - 2008.02.20 Wed

以前このブログでも紹介させていただいたフッペルを、3年前に購入してくださったN様のお宅に伺いました。
このN様もフッペルのストーリーはよくご存知です。

イメージ 1




ご参考までに前回の記事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/kinichiaraki/20051258.html



N様は以前のお仕事を定年退職され、その記念としてもこのピアノを買われ、ベートーヴェンの月光を弾き、今ではお孫さんとの連弾も楽しまれているとのこと。
そして、こういうピアノをみんなと共有したいということで、昨年からホームコンサートをされています。
ピアノの先生との連弾、先生の演奏など、お部屋に20人ほど集まってのコンサート。

リサイクルセンターの倉庫で眠っていたピアノが、こういう形でまた、当時の音を奏でてくれるということは修復させていただいた身としてもうれしいですし、なによりピアノも喜んでいるのではと思います。

ここで少し、フッペル このピアノの特徴を。

イメージ 2

イメージ 3


アクション、ハンマーはドイツ・ベルリンの
SCHLTZE & FREUND(シュルツ&フロインド)
今は現存していないと思います。
戦争で無くなったかもしれません。
スプリングは一つ一つオリジナルのサイズで手作りして取り付けました。
また、引っかかっているコードもオリジナルです。(ヤマハは10数年で切れてしまいますが、、、)


イメージ 4


アクションを止めるネジも両端にあるだけで、普通この大きさのクラスのピアノは大体3カ所無いし4カ所で止めています。
結構しっかりしたアクションでした。
ハンマー、響板がオリジナルなので、当時の音がそのまま出ています。


イメージ 5

イメージ 6


足も下に行くほど太くなっていて全体的にも荘厳な感じです。
外装の板も合板ではなく、無垢の木を使っていますので、割れてきたりしていますが、外装も響板のようでした。
この大きさから素晴らしい音色の響きと、音量が出てきます。



次回は5月にアットホームコンサートの予定だそうです。
今から楽しみです。

修理納品と手作りサンドウィッチ - 2008.02.19 Tue

今日はI様へのヤマハのアクション修理納品と調整でした。
イメージ 1

湿気で動かなくなってしまったピアノ、アクションを引き取り修理となったもので、納品時の作業は8時間と言う長~い一日になりました。

まずは、ダンパー関係の取り付け。
その前に、ダンパーのお掃除。
すっかりワイヤー部分が汚れて黒くなっています。
こうなると鍵盤を下げるときに重かったり、雑音がします。
左が掃除前、右が後。
イメージ 2

イメージ 3


これらのダンパーを取り付けます。

ダンパーで厄介なのはまず、動きが目で見えるため、しっかり調整しないと波打っていたりすると音の止まりにも影響があります。
そして、しっかりと全部の音が止まっていること。
結構技術者の方はこの作業いやがるのです。
私はこういうのには燃えてしまいます。

ここまででお昼となりました。
韓国出張前のご主人と奥様の手作りサンドウィッチを頂きました。
長時間お邪魔する時はいつもどうしようかと思うのですが、本当においしいお昼でご主人とも仕事の話で盛り上がり、後半戦の作業前のリラックスタイムとなりました。
ご主人の出張の準備ができ、なぜか私が「いってらっしゃーい。」とお見送り。

また、I様には作業中いろんなお話を伺うことができました。
ピアノを始められたきっかけ、子供さんへのピアノでの接し方、一人で黙々とやる作業があっという間に進んでいけました。


出来上がりは夕方になり、鍵盤が無くなっていたピアノをいつも間違えて弾こうとされていた小学2年のお嬢さんが帰ってこられ、弾いてくれました。
「ピアノOK!」

イメージ 4



40年経っているG5ですが、このピアノをきっかけに素晴らしいご家族との出会いができました。
大切に使っていってください。
まだまだ弾けますよ!

調律師一年生! - 2008.02.14 Thu

調律師になって1年目の方と話す機会がありました。

学校を卒業して現場に立ち、いろんな疑問や、疑問に思わなくてそれがクレームとなって帰ってくることなどを聞いて、20数年前にタイムスリップした感触がありました。
私も最初は何もわからず、今思えばとんでもない作業をしていたと、恐ろしくなります。
最初の基準は学校で習ったこと。
でも現場では習わなかったことがほとんどです。
その基準を疑問に思い、悩み、解決してあるときは消化していくことで、経験と言う武器になっていきます。


最初に思った疑問を自分でどう噛み砕いて処理をするか?
またどのように先輩にアドバイスをもらうか?
そのもらったアドバイスをどのように自分のものにするか?
それは、その人のセンスだと思います。

その方は自分の仕事がこれだと思いこの道に進み、反面、現実の厳しさに悩まれているのですが、前向きにいろんな質問をされるのを聞いて安心しました。

というのも、どの業界でも同じだと思いますが、最初の1年が保つかどうか。
でも、若いうちは合わないと感じたら早く他の仕事に就いた方がよいということもあります。
現に調律学校を卒業して、就職しても1年目で辞められる方は結構います。
私の同期もどれだけ続いているか、、、

特に今は学校の9割が女性なので、以前の調律の世界と変わってきているのも事実です。

常に魅力ある仕事ということを、次の若い世代に伝えないといけないと思いました。

ヤマハ 修理 湿気で動かない! - 2008.02.12 Tue

2月の初めに引き取らせていただいて、修理をしているのが1965年製(昭和40年)のヤマハです。
実は、鍵盤を叩くと、上がりが遅い、音が止まらない、などなど。
鍵盤を触った瞬間、重ーい!
典型的な湿気による原因で、木部、繊維部の膨張で、アクションの軸となる部分の動きが非常に悪くなっていました。

もう一つ、アクション全面に
カビ、シミ。

これは大変な修理、お掃除になりそうです。
持ち主のI様に説明をして、鍵盤、アクションとダンパー関係を引き取らせていただくことになりました。

イメージ 2


しばらく工房の乾燥した環境に置いて直るかな?



無理でした。
これはもう強制乾燥しか無い。


イメージ 1


アクションのいろんな軸の部分にドライヤーを当て、強制的に乾燥させます。
軸の金属部分が熱くなり、アイロンの役目もしてくれます。
これで80%は直りました。
しかし直らない部分が何カ所かあります。

その原因は、
油が塗ってあり、その油が年月とともに硬化して、より動きを悪くしていました。
一番恐れていたパターンでした。
以前の技術者が、その場限りの修理で塗ったのでしょう。
塗った瞬間はよく滑りますから、楽なのです。

こうなったら部品の交換しかありません。
スタッフとともに、乾かし、交換し、の作業が続きます。


もう少しで完成です。
そして納品調整。


このピアノはうれしいことに大量生産に入る前でしょうか、いろんなところに手作業の後が見えます。

今と何が違うか。
1.アクションがすべて木製、レール類も木製
2.鍵盤鉛調整をしっかりしている。(鍵盤の裏に線なんかありません、以前のヤマハの記事を参照してください)
などと、人間の手でしっかりと作られている跡が伺えました。


このピアノの持ち主、I様は大変明るい方で、伺った時お部屋の中がパッと明るくなった感じを受けました。
そして、I様と子供さんの喜んでいただけるであろう顔を想像しながら、作業を続けられることが何よりの励みとなりました。

後もう少し!

ホフマン ひとりじめ - 2008.02.08 Fri

今日はホフマンをお持ちのT様のお宅に伺いました。
このピアノはベヒシュタイングループとして作られていまして、チェコで製造されています。

イメージ 2

イメージ 3

特に響板がきれいです。

アクションはこのピアノ専用のチェコ・レンナー。
イメージ 1


ちゃんとレンナーシールも貼られています。(写し忘れました)
オリジナルとの違いはレール関係が、木のところをアルミになっています。
また、ブラケットも形状が違います。(ペトロフのものとよく似ています)

スタインウェイがボストン、エセックスを出しているのと同じように、ベヒシュタインはヨーロッパでホフマンを製造しています。


イメージ 4

このピアノをお持ちのT様のお話で、
4人兄弟がいらして、みなさんピアノを習われていたそうです。
そして、練習のときなどはピアノの取り合いだったとのこと。
どうしても足りないので2台ピアノを用意して、2階と1階で練習をされて、すごいことになったとか。

今は妹さんと二人だけがピアノを続けておられ、そして、T様はこのピアノを弾かれています。
曰く、
「昔の反動かも知れません、何の気兼ねもなく一人で黙々とピアノを弾くのは。」


これからもしっかりと見させていただきます。

ベーゼンドルファーのその後(2ヶ月後) - 2008.02.05 Tue

昨年の買収騒動から2ヶ月が経ち、いろいろ方向性が出てきたようです。
ミュージックトレードという音楽業界専門誌の中で記事が出ていたのでまとめてみました。


今までは、、、
ベーゼンドルファーの年商は21億円、年間にグランドピアノを308台、アップライトを35台生産。
年商分の買収金額ということですね。



買収目的と再建の施策は、、、
ベーゼンドルファー社の音作りを継承しつつ、ヤマハの経営資源を活用して再建し、ブランド価値を向上させるとした上で、買収する価値ありと判断した。



そしてこの三点を強調、、、
「同社との技術交流により、ヤマハピアノの強化を図る」
「プレミアムピアノ領域における顧客の多様なニーズに対応し事業成長を遂げる」
「楽器業界、音楽会でのネットワーク拡大」



それ以外に、、、
サイレントや自動演奏などヤマハの得意とするハイブリッド技術の搭載や、アーティストリレーションにおけるシナジー効果も高めたいとのこと。



そして約束として、、、
両者それぞれの音作りの特徴はあくまでも堅持。ベーゼンドルファーが外注しているパーツ類の供給は協力できるのではないかとしながらも、ベーゼンドルファー社の生産拠点、従業員を含む生産体制、仕様、製造方法、音作りの方向は変えないと断言。



経営不振の分析、、、
「調査の結果、ベーゼンドルファーの不振は商品力ではなくマーケティングに問題があったと判明しました。」



ヤマハとベーゼンドルファーの相違についてヤマは首脳陣の見解、、、
「ヤマハのピアノは大ホールで音が通り、豊かな響き。一方ベーゼンドルファーは独特の響きの豊かさ、暖かい音色が特徴。ベーゼンドルファー社を訪問してみて、金属フレーム、ウッドフレームーつとってみても、役割に関する考え方が随分違うことがはっきり分かりました。ヤマハのウッドフレームはやや堅めの木、ベーゼンドルファーは響板と同じ木材を使用しています。目指す音が違うのですから、設計思想は当然異なります。また、近代的な設備が多いことや環境問題にも対応していることを確認しました。」



これから、、、
ヤマハ、ベーゼンドルファーそれぞれ別の営業マンが担当し対応する。掛け持つことはない。技術者についても同様で、ベーゼンドルファーについては経験者の起用も考えている。」と両者を明確に分けると明言したそうです。


そしてこの記事の最後にこう締めくくっています、、、
ピアノメーカーとしてのヤマハという一面ではなく、音楽、音響をも包含する総合メーカーとしてのヤマハグループの底力を考えると、ベーゼンドルファーはかつてない飛躍のチャンスを掴んだと言える。





ということですが、技術者として思うには、現場の職人さんの心が技術として入っているピアノがどこまで作れるか、非常に心配です。

弾き手には伝わるから。

ヤマハ 12号型 世界で一番小さいピアノ? - 2008.02.03 Sun

私は過去に140cmぐらいのピアノは、触ったことがありますが、このピアノ4年前にうたまくらピアノ工房で新生させていただきましたが、とにかく小さいのには驚きました。
今H様がお持ちになってお部屋にぴたっとなじんでおられます。
家具の一部とH様は言っておられますが、昔からずっとお部屋にあったかのような存在感でもあります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4



とにかく長さ120cm。
横幅より短いのです。
1938年製、昭和13年製でロゴも太くてしっかりした字体になっています。
昔の企業のロゴはこのような字体が多かったのだそうです。
H様のご主人に教えていただきました。

この時代ベヒシュタインの影響も受けて、随所にベヒシュタインカラーが入っています。
イメージ 3

この丸足などはそっくりです。

イメージ 5

NIPPON GAKKI S.K.K
つまり日本楽器製造株式会社
社名変更で(株)ヤマハになって今の方はあまりご存じないと思いますが、年配の調律の方は、ヤマハのことを日楽(にちがく)と呼んでおられました。


イメージ 6

アクションも自社生産できるところはごくわずかのメーカーだけです。
この時代からしっかりと作って来た技術力は素晴らしいと思います。

オーバーホールによってまた蘇り、これから先も是非大事に使っていってください。






昭和初期のピアノのことも語っています是非ご覧下さい。
http://www.utamakura.co.jp/piano/kikaku/070218/kikakushowa.html

ヤマハ C1 サイレント 実は良く鳴るサイレント - 2008.02.01 Fri

仕事柄夜中しかピアノが弾けないということで、ヤマハのサイレントを弾かれているT様。
今日はそのピアノの調整です。

このピアノは普通のピアノに、特にアクション部分にサイレント用の金具が付いているため、通常の調整が面倒になっています。

イメージ 1


このように上から覆いかぶさるように付いているため、アクションが変化している確認もはずさないとわかりません。




はずしてみるとこのように下の黒い部分は結構ずれています。
イメージ 2


等間隔に並んでないといけないものが、間隔ずれてバラバラです。
でもこのような変化は普通で、新しい時期に多くなります。
そこで、その新しい1~2年のときにしっかりとずれた部分を直さないと、ずれたままピアノが固まっていきます。

鍵盤もはずしてピン関係を磨き、おっと、、、基盤は気を付けましょう。
イメージ 3


生ピアノは直せても電子部分は私には全くわかりません。





T様は素晴らしく繊細なタッチの持ち主で、本当に心からきれいな音を出されます。
でも今のピアノを弾きながら、とにかくタッチが重くてと言われていたので、摩擦関係、調整のズレなどを中心に直しました。
例のごとく、物理的な重さはバラつきがあり重いのですが、調整によって弾き心地という意味での弾きやすさは出たのではないかと思います。





T様は小さい頃からピアノがお好きだったようで、ピアノのある友達の家ばかりに遊びにいかれたそうです。
そしてなかなか帰ってこなかったとか。
(お元気なお母様からのお話、楽しかったです)


これからもずっと弾き続けていってください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2008年02月27日 (水)
師匠の死
2008年02月27日 (水)
塗装が完成 グロトリアンーシュタインヴェッヒ
2008年02月24日 (日)
ラモー ラテン系 でも ずっしり系
2008年02月23日 (土)
ただいま修理中 グロトリアンーシュタインヴェッヒ
2008年02月20日 (水)
フッペル アットホームコンサート
2008年02月19日 (火)
修理納品と手作りサンドウィッチ
2008年02月14日 (木)
調律師一年生!
2008年02月12日 (火)
ヤマハ 修理 湿気で動かない!
2008年02月08日 (金)
ホフマン ひとりじめ
2008年02月05日 (火)
ベーゼンドルファーのその後(2ヶ月後)
2008年02月03日 (日)
ヤマハ 12号型 世界で一番小さいピアノ?
2008年02月01日 (金)
ヤマハ C1 サイレント 実は良く鳴るサイレント
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク