topimage

鍵盤鉛調整 重くて弾けない! - 2009.04.29 Wed





このスタインウェイをお持ちのI様は遠く離れたお孫さんに譲られるということで、あまり弾かれていないピアノの状態を見て欲しいと依頼がきました。

DSC02320_convert_20090428214728.jpg

すると、お嬢様がピアノの練習用にタッチを重くするということで、当時ベールギーにお住まいのときの楽器店が鍵盤後ろに鉛を入れて重くしていました。

DSC02324_convert_20090428214022.jpg

鍵盤後ろに線が引いてあり、そこに大きな鉛が埋め込まれています。
最大の大きさのおもりのために、かなり重たくなっていて、これでは小さい子供さんは弾けません。
この鉛を抜いて、もとに戻すべく埋木をします。

そして、長年の湿度による影響で、アクションの動きも鈍くなっていました。
アクションも引き取りましょう。

鍵盤とアクションを本体から分離して修理に入ります。

DSC02334_convert_20090428214306.jpg

本体のみになって改めて見てみると、全て木でできていて(当たり前なんですが)そのために環境の影響はあるかもしれませんが、これから何十年も保つだろうと想像できます。
DSC02337_convert_20090428214446.jpg

何年も使い続けて行く楽器だからこそしっかりと修理しなくては、未来の技術者から「なんじゃこりゃ?」と言われないためにも。

スタインウェイ アップライトの工房企画レポートがあります。
是非お読みください。

生まれ変わりますヤマハC7 Vol.5 張弦 - 2009.04.28 Tue





ようやく弦を張り終えました。
P4270011.jpg

セミコンともなると弦の長さも長いです。
ここでもちょっとこだわりの弦です。
といってもヨーロッパのメーカーでは普通に使われている、弦と巻き線です。
国産のよりも気持ち柔らかく、通常鳴りすぎる高次倍音は程よく含まれていて、芯が太く良い響きです。

そしてこれらの弦をしっかり止音するダンパーの部品も、長年の使用で汚れています。
写真手前の銀色のワイヤー(磨く前)奥のワイヤー(磨き後)

P4250008.jpg

ダンパーがスムーズに動くためにはこういう汚れをしっかりと磨き撮っておかなければいけません。
こういう作業はオーバーホールならではの作業ですね。
(ホールのピアノの点検のようにもちろん通常の作業でも行います)

こういうところ一つでも鍵盤の重さに関連してくるので、大事なことなのです。

次はこれらの弦を鳴らすアクション関係が待ち受けています!

ご注文! 黒檀に変えて! - 2009.04.23 Thu





ヤマハの中古を購入してくださった方からのご注文、「黒檀に変えていただけますか?」

もちろん、できます。

国産のほとんどは象牙黒檀ではなくなってきています。
黒鍵も木目調だの紫檀に黒を塗ったものだの、本物はどこ?といった感じです。
でも在庫はそんなに多くはないので、すぐにとはいきませんが黒檀はあります。
P4220002.jpg

黒檀はある程度の形でできていますが、実はそのまま貼っただけでは弾きにくいのです。
そこでちょっと一細工。

グリッサンドをしたときに黒鍵の角が手に当たり痛いのです。
ヤスリで角の面取りをします。
右面取り後.左そのまま新品黒檀で角ばっています。
そしてスチールウールで表面を指になじむように荒らします。
そして汚れを拭き取ると下の写真の通り。

P4220004.jpg

スタインウェイなどは象牙は禁止されて使っていませんが、黒鍵はしっかり黒檀を使っています。
やはり滑りにくく、指先になじみますので黒檀は人気がありますね。
そんなに高くもないので、「気・に・な・る」                            と思われる方は是非お問い合わせください。

生まれ変わりますヤマハC7 Vol.4 ハンマー付け - 2009.04.19 Sun





ようやくハンマーの取り付けが終わりました。
P4190042.jpg

ハンマーも徐々に角度を付けたものを取り付けました。
オリジナルはかなり荒く角度を付けているので、カクカクと角度が変わったところがわかります。
これは0.5度ずつ、変化させているため弦の角度にもぴったりです。

P4190041.jpg

ハンマー交換というのは交換するだけでは終わりません。
寸法が変わったための調整、そしてなにより大事な音作りという作業が残っています。
この整音は最後にとっておきます。

そして大切なのはハンマーの重さが変わったための鍵盤鉛調整です。
これも作業の写真を撮りながらお見せしたいと思います。
ハンマーだけを交換しているところは多いのですが、しっかりと鍵盤重さの調整まで行っているところが少ないのが残念です。

アクションの一つ一つの動きの調整もこれからです。
もう少し時間がかかります。
次回をお楽しみに!

暖かい再会 桜満開! - 2009.04.14 Tue





今日の仕事は思い出深いものとなりました。


時はさかのぼって20数年前、イタリア時代の話です。
イタリア ナポリから船で1時間ほど行ったところに、ドイツ人などの保養地イースキァ島があります。
そこであるホテルでピアノの演奏会がありました。

そこに日本人のピアニストが来られていました。
海老彰子さんです。
海老さんもこんな島に日本人の調律師がいるなんてびっくりされたと思います。
とても気さくで穏やかで、反面演奏はエネルギッシュで繊細で、素晴らしい方でした。
遠い異国に地で同じ日本人が活躍されていることにすごく刺激を受けました。
そこでの仕事が終わって、バスで港へ向かっていたら、ナポリへ帰る船に乗る時間に間に合いません。
「これで帰って!」とタクシー代を頂き飛んで帰ったのを今のことのように思い出します。

こんな出来事をコンサートのトークに名前入りで海老さんが話してくださったのです。
P4100003.jpg
何でもやってもらって当たり前、というアーティストが多い中、大勢のスタッフがあってのコンサートですと、言い切れるところが素晴らしいことだと思います。

演奏もバッハ、ショパン、そしてお姉さんの裕子さんとのデュオでモーツァルト、ミヨー、リスト。
絶妙のコンビネーションでした。

デュオですから2台を朝から完璧に調律していたのですが、リハーサルで弾かれて行くうちもどんどん変化して行って、実はリハーサルでは海老さんのタッチに耐えられなく、調律が結構狂ってしまったのです。
でも立ち会いがあってのコンサート、しっかりとリハーサル後カバーさせていただきました。
本番はうまく行ってホッとしました。

サイン会も一人一人丁寧にされ、本当に人柄が現れていらっしゃいます。
最後にお母様も含めてご家族で写真を撮らせていただきました。
P4100011.jpg
また、どこかでこういう再会があることを願っています。
(左から海老裕子様、荒木、お母様、海老彰子様)


ホールの外では満開の桜が街灯に照らされて光っていました。




海老彰子
東京藝術大学在学中に、第41回日本音楽コンクール(ピアノ部門)で優勝。フランス政府給費を得て単身渡仏。パリ国立音楽院をプルミエ・プリ(首席)卒業後、大学院課程に相当する研究科を卒業。
受賞歴

1975年、第16回ロン=ティボー国際コンクールで第2位大賞。併せて、アルトゥール・ルービンシュタイン賞をはじめとする4つの特別賞も受賞。
1980年、第10回ショパン国際ピアノコンクールで第4位無しの第5位受賞(姉の海老裕子と共に姉妹出場した)。
1981年、リーズ国際ピアノコンクール入賞。
レパートリー

バロック音楽から近代音楽、現代音楽まで幅広い。 特にショパン、リストなどのロマン派ヴィルトゥオーゾ作品やラヴェル、ドビュッシーをはじめとするフランス音楽を得意としており、時として『フランス音楽のオーソリティー』といわれる事がある。 邦人作曲家では、武満徹、大江光など。

生まれ変わりますヤマハC7 Vol.3 鉄骨 ハンマー - 2009.04.09 Thu






長年使い込んできたピアノの鉄骨をきれいにします。

P4010005.jpg

弦が乗っている鉄骨の下はご覧のようにかなり汚れています。

P4010007.jpg

右が掃除をした方です。


P4020008.jpg

鉄骨の塗装ではなく、磨くだけ。そして、弦が乗る鉄骨部分も弦の溝ができているため、磨き上げます。
そして本体へ合体。
ネジ締めで完了です。


P4080032.jpg

アーベル(ドイツ製)の特注ハンマーです。
ヤマハC7用です。


P4080030.jpg

P4080033.jpg

テール加工、サイド加工をした左側とまだのもの右側。


P4080034.jpg

古いハンマーを取って、次にハンマーを付けるときに付け安いよう、下準備です。

どんどん形になって行き、ピアノと会話して進めています!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2009年04月29日 (水)
鍵盤鉛調整 重くて弾けない!
2009年04月28日 (火)
生まれ変わりますヤマハC7 Vol.5 張弦
2009年04月23日 (木)
ご注文! 黒檀に変えて!
2009年04月19日 (日)
生まれ変わりますヤマハC7 Vol.4 ハンマー付け
2009年04月14日 (火)
暖かい再会 桜満開!
2009年04月09日 (木)
生まれ変わりますヤマハC7 Vol.3 鉄骨 ハンマー
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク