topimage

調律学校の30周年記念で思うこと - 2009.10.31 Sat

先日、名古屋にある私の卒業した調律学校が30周年ということで、記念のコンサートがありました。
そのコンサートの仕事をさせて頂きました。
クラシック用、ジャズ用と二台合せです。


私はその学校の4期生になり、卒業して四半世紀たったことになります。
その時の状況から様変りしていることに、改めて驚くのと、この業界の厳しさを目の当たりにしました。




ニュウ・ニュウ 牛牛 - 2009.10.24 Sat

日本で初めてのリサイタルと言うことでの仕事でした。
もうすでに色んなメディアに取り上げられて、有名になっている12歳のピアニスト。

まず、ピアノの前にくると、ゆっくりと4度、5度の確認、オクターブの確認、音色の確認、などをして、的確な指摘が来ました。
子どもとのやり取りではなくそれは普通のアーティストとのやり取りです。
いえ、普通以上の感性の持ち主でそれをしっかりと、主張できる12歳でした。
年は関係ないですね。

お父さん曰く、中国でもすごく時間がかかって仕上げるまで大変だそうです。





楽器フェアー開催 煌めきコンサートと ベヒシュタイン企画 - 2009.10.23 Fri

11/2から12/20までの期間、うたまくら冬の楽器フェアーを行います。
この期間中それぞれのピアノを特別価格にて、ご提供いたします。
是非この機会にお越し下さい。

また、フェアに先駆けてのコンサートが11/2(月).3(火・祝)の両日うたまくらピアノ工房で行われます。




フォルテピアノの活躍 - 2009.10.21 Wed

山口県のあるホールの企画で「ピアノってな~に?」というレクチャコンサートがあり、それにうたまくらのフォルテピアノを持って行くことになりました。

IMG_0048.jpg

このお話を地元のピアニストTさんから頂いたのですが、ピアノだけを語るのは限界があるということで、歴史的なピアノの話と実物があったら何よりの説得になるということで、400km離れた山口まで走りました。




レコーディング 仕上げ! - 2009.10.20 Tue

さて、4日間のレコーディングが終わりました。
長い長い期間で、終わればあっという間で、ある意味濃い4日間だったと思います。

ここでのアーティストの仕事はとにかく演奏。

エンジニアの仕事は、機械を動かし、楽譜とにらめっこして、モニター室でチェック。

調律師の仕事はピアニストの指示が、いつあってもいいように待機。
この写真は、演奏の合間に、ピアニストから合った指示で、調整しているところです。

そして、このバケツは?
IMG_0047.jpg





レコーディングの様子 - 2009.10.16 Fri

4日間、ホールに缶詰になっています。
ヴァイオリンの漆原朝子さんとピアノはベリー・スナイダーさん(アメリカ)。
全てシューベルトのプログラムでの録音です。
最終日にはその成果のコンサートが行われます。

ホールという空間での録音なので、ホールの響き、楽器の位置など何度も確かめながら決めていきます。
録音する楽曲にもよりますが、曲の性格なども考えて、ピアノはある程度ピアニストの好みで仕上げていきます。

具体的にどのように進めていくか、、、






ボールドウィン マホガニー  - 2009.10.11 Sun

H様の納品に立ち会いました。
楽器だけのお部屋を作り、床、壁、空調、音響を考えたお部屋は見事です。
IMG_0044.jpg

このボールドウィンは最初明るいウォールナットの木目でした。
それを全て剥がして、マホガニーのつや出しに仕上げた物です。
材料が良いと木目を活かした塗装修理も可能です。

技術者にとって難しい、コンソールタイプのアクションが鍵盤より低い位置に取り付けられているピアノです。





共鳴 - 2009.10.09 Fri

共鳴と一言で言ってもいろんな種類の物があるので、一概に言えないのですが、最近体験したことをお伝えしたいと思います。

共鳴とは、ある同じ振動数のときにその振動に反応してもう一つの物が振動しだすことです。

例えば太鼓をドンと叩くと、窓ガラスが、ビリビリと響くことです。
どれだけ叩いても同じ振動数で響く物が無ければ共鳴しません。

ところで今回は買ってまだ数年というカワイのグランドピアノで起きた現象です。






素敵なご縁  - 2009.10.03 Sat

うたまくら社とご縁のあるM牧師のご紹介で、素敵なお仕事をさせていただきました。
大阪福島教会
100年の歴史を持つ教会で、大阪大空襲で焼けてしまったのが、修復され、新たに今年の夏から礼拝堂の修復工事が始まりました。
そして、無事その工事が終わろうとしている時期に、この礼拝堂にピアノを!ということで、信者であるS様が、この礼拝堂にぴったりなピアノを探しておられるということをM牧師から連絡いただいたのです。

そして、M牧師から連絡をいただいてからトントン拍子に話が進み、この教会のE牧師、S様とうたまくらピアノ工房までお越しいただいて、うたまくらピアノ工房でオーバーホールしたヤマハピアノを見ていただき、無事今日、献品という運びになりました。
IMG_0036.jpg







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2009年10月31日 (土)
調律学校の30周年記念で思うこと
2009年10月24日 (土)
ニュウ・ニュウ 牛牛
2009年10月23日 (金)
楽器フェアー開催 煌めきコンサートと ベヒシュタイン企画
2009年10月21日 (水)
フォルテピアノの活躍
2009年10月20日 (火)
レコーディング 仕上げ!
2009年10月16日 (金)
レコーディングの様子
2009年10月11日 (日)
ボールドウィン マホガニー 
2009年10月09日 (金)
共鳴
2009年10月03日 (土)
素敵なご縁 
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク