topimage

最後の仕事 - 2009.12.31 Thu

今年の最後の仕事
コンサート久石譲さんのジルべスターコンサートのリハーサルでした。
毎年、大阪での恒例になっています。
久石さんの楽曲はパーカッションの多さで有名ですが、その瞬間に必要なおとなのでしょう。
パーカッションのひとたちの準備が大変そうです。

ピアノもオーケストラの中で使用する物と、久石さん本人がソロで弾くピアノの二台使います。

今年もコンサートが終わったら、東京に戻って行かれるのでしょうか。
紅白に出られるのかな。

そしてうたまくらでは年末に事務所の引越しがあり、大忙しでした。
今までのレッスン室を大きくして、部屋の響きを快適に仕上げました。
バージョンアップした空間で、音楽を楽しんでいただけるようになりましたので、新年からお待ちしています。

今年も大変お世話になりました。
来年も変わらず、よろしくお願いいたします。


リサイタルの仕事 - 2009.12.24 Thu

リサイタルの仕事は
 ・リハーサル前の調律、整調、特に本人を知っていれば好みなどを考えての調整。
 ・リハーサルの立ち会い、会場の響きを聞き、ピアノの位置決め。
 ・本人の意向も踏まえ、ステージ上の響きも考え、最終の位置決め。
 ・リハーサル中のピアノに対する要望への調整、ペダル、タッチ、調律など。
 ・最終確認を取って、本番前の再調律。
 ・本番の立ち会いは舞台袖にいて、何かあればすぐに飛んで行ける準備をしています。
 ・休憩中の手直し、鍵盤拭き。
 ・本番終了、ご苦労様でした!ピアノの片付け。

このような流れですが、勝手知ったるホール、ピアノでない場合、その場での試しが多くなります。
その中で、どれだけ演奏者に負担のかからないよう気を配って持って行けるかが、その日の演奏の出来にもつながると思うと、責任重大です。





それ本当ですか? - 2009.12.15 Tue

関東方面の仕事から帰ってきて、今日伺ったお客様と先日伺った東京のピアノの先生の話がかぶったので、びっくりしてしまいました。

関東と関西という地域差はあると思います。
ましてや他の地域ではこんなことがありえるのかと、調査したいくらいです。

東京のピアノの先生のお話。
子供さんを教室で30人ぐらい教えられているそうです。
その子供さん、誰一人としてピアノを持っていないとのこと。
ピアノの代わりはデジタルピアノ。
調律の紹介が無いのを、「ここは東京の真ん中で、地域的にピアノが少ないところかもしれません。」と言われています。

そこで、先生は生徒さんにまず教室のピアノでレッスンをする時、最初に言うことがあるそうです。
それは、




ママさん調律師がんばれ! - 2009.12.10 Thu

関東方面の調律に来ています。
先日、何年ぶりかに同期の調律師に会いました。
年は私よりひとつ上ですが、調律学校では同期。
そして、彼女は今でもバリバリと現役でがんばっているママさん調律師です。

お互いに26年、環境は違っても同じピアノにまつわる仕事として、色んな話しに花が咲きました。





お待たせしました! - 2009.12.07 Mon

関東のみなさまお待たせしました。
明日からまた一週間,調律でお世話になります。
いろんな再会と、ピアノとの出会いを楽しみにしています。

ある意味ハードな毎日ですが、皆様とお会いできることが一番の楽しみです。

よろしくお願いいたします!





こんな運送会社にご用心 - 2009.12.01 Tue

ピアノの運送というのは生涯何度もすることではないと思いますが、その何度もしない運送がひどい会社に当たったら、、、


先日またまた、ちょっと許せない出来事がありました。
いつも調律でお世話になっているお客様が引っ越しのために、お持ちのピアノも、全て引っ越し会社にまかされていました。

注意:引っ越し会社はピアノは特別にピアノ運送会社に頼んでいます。それは経験が必要ということと、重たくて特殊だからです。

引っ越しの当日、お客様から電話がありました。
運送屋さんから、このピアノは古くて汚くて壊れそうだからクリーニングをやった方が良いですよ、金属部分もきれいになります、5~6万円です。今おこなうとそのまま倉庫に持って帰って出来るので3万円になります。と言われてそれならと思っていったんOKして倉庫止まりになっているのですが、考え直すとやはりいつも荒木さんに見て頂いているピアノが、こんなひどいとは思えないのですが、どうすればよいでしょうか。」
とSOSの電話でした。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2009年12月31日 (木)
最後の仕事
2009年12月24日 (木)
リサイタルの仕事
2009年12月15日 (火)
それ本当ですか?
2009年12月10日 (木)
ママさん調律師がんばれ!
2009年12月07日 (月)
お待たせしました!
2009年12月01日 (火)
こんな運送会社にご用心
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク