fc2ブログ
topimage

ベヒシュタインの秘密 倍音のお話 - 2010.03.25 Thu

DSC06459_convert_20100324233642.jpg
午前中の煌めきコンサートからランチを挟んで、午後の企画に突入です。
これもうたまくらならではの企画です。
ベヒシュタインのグランドを使い、工房のそれぞれのピアノを使っての企画です。
大きさ、年代、お国がそれぞれ違い、これらを使わない手はありません。

技術者の方、ピアノ愛好家、ベヒシュタインを既にお持ちの方、それぞれいろんなところ、遠くからからお越しいただきありがとうございました。




煌めきピアノコンサート 終了! - 2010.03.25 Thu

DSC06430_convert_20100324230431.jpg
二日間にわたり、あちこちからお越し下さりありがとうございました。
ピアノ演奏を、ピアノの音色をこんなに身近で聴けるなんて、という感想が何よりの嬉しいお言葉。

音楽を楽しむという原点と、ピアノの個性を感じてもらうということ、そしてそれぞれのピアノに合った曲、これらが一体となったコンサートになりました。

大きいピアノ、小さいピアノ、古いピアノ、お国が違うピアノ、、、ほんの数台ですがそれぞれをしっかり紹介できたと思います。

この音は初めて聴く音、これは大好きな音色、好みじゃない音、いろいろと個性が出ればなおさら相性も見えてきます。




押す文化と引く文化 - 2010.03.18 Thu

つまり西洋と日本ということなんですが。



今日から尾道で仕事です。
毎年ここに来るたびに見に行く所があります。
そこは打ち刃物屋さん。

とにかく、良く切れて長持ちするはハサミ欲しいのです。
日本刀から包丁まで、もちろんハサミも売っています。


和バサミと洋バサミ

改めて文化の違いを見ました。




1年1曲 - 2010.03.13 Sat

調律に伺った時、必ず言われるときがあります。
「一曲弾いてくださらない?調律師さんなら大概の曲弾けるのですよね。」
「弾いて!弾いて!」

うっ。

とんでもありません。
ピアノを引いて押すことはできてもピアノを弾くなんて、ピアノを習ったことの無い私には、難関です。

でも、あるきっかけで、よーしっ、練習してみよう!と思って、少しずつですが、弾いてみています。
調律が終わった後、確認のためにポロンポロンと弾いてみると、そこのお家の方が、
「今まで聴いたことの無い音がする!このピアノはこんな音もするんですね。」

そこで思ったのです。






スタインウェイがバラバラ! - 2010.03.04 Thu

IMG_0117.jpg
この年度末の時期、いろんなホールのピアノの点検が増えてきます。
ふだんコンサートなどの調律のときにできない仕事が、山ほどある中、2日間かけてこれでもかという形にバラして、掃除、ピン磨きから調整していきます。
最後には寸法的に0.01mmという精度での仕上げを行っていき、感覚的には音色を揃えていって、これから1年の演奏会に使われていきます。

ピアノは消耗品!?




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2010年03月25日 (木)
ベヒシュタインの秘密 倍音のお話
2010年03月25日 (木)
煌めきピアノコンサート 終了!
2010年03月18日 (木)
押す文化と引く文化
2010年03月13日 (土)
1年1曲
2010年03月04日 (木)
スタインウェイがバラバラ!
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク