topimage

ペトロフ プレップアップ1 - 2010.07.30 Fri

K様が購入されたペトロフのグランドピアノ、これを調整させていただくことになりました。
このピアノは技術者で変わるといっても過言ではないピアノです。
つまり、素材は良いのに、それを仕上げる技術で完璧に施されていないということです。
どこまで手を入れるかは見極めた技術者次第ということです。

戦前のものはすばらしい技術ですばらしいピアノを作っていっていましたが、戦後、社会主義国となって、どんどん落ちていきました。
1980年代になると、それはもう、何じゃこりゃという状態のものが平気で出てきていました。
これらをイタリア時代にいやというほど触ってきたのですが、でも音色はどのメーカーにも無い暖かい、深みのある音がしていました。

冷戦が終わって、技術が向上して、どんどん良くなっていったペトロフをここ数年前まで知りませんでしたが、お客様のお声から、今のペトロフは違うということをお聞きして、実際に扱う機会があり、そのすばらしさを再確認できました。

今回、K様は購入の際、中身はいっさい触らず、そのままご自宅まで運ばれ、その仕上げ調整(プレップアップ)を頼まれました。
P7280024.jpg




ヤマハ C5 こちらも修理 - 2010.07.28 Wed

先日まで調整を行っていた、G3と同時進行で、N様のヤマハのアクションをお預かりして、行っていました。
P72100191.jpg
消耗した、鍵盤裏のブッシングクロス。
黒鍵を抜くと、洗浄にある鉛の位置がしっかり見えました。これは発見!規則通りがどうなのかな。

ちょうど、GシリーズとCシリーズの違いも見えました。




ヤマハ  G3 チューンナップ仕上げ - 2010.07.27 Tue

本日Y様のお宅に工房で作業を終えたアクションを納品して、現地での調整を行いました。
まったく、アクション、ダンパーが無い状態から組み上げていく作業でした。
Y様はず~っとご覧になられて、しきりに感心してくださっていました。
随所にカエルが登場です。

最後の仕上げの写真にも。
P7260002.jpg

整調、整音、調律のフルコースでした。

思っていたより、整っていて、優秀なピアノで、まとまりも思った感じで進めていくことが出来ました。
あとはY様仕様にこれから徐々に時間をかけて仕上げていきます。

できたら屋根をあけて弾いていただき、音量を感じてコントロールしていただきたいなと思います。



ヤマハ G3 チューンナップ3 - 2010.07.25 Sun

工房で最後の仕上げとなりました。

動きの部分は全てチェックして、悪いところは直し、88鍵揃えました。
そして、長年そのままになっていたハンマーの整形も綺麗に施しました。
しかし、ここではまだ仮の状態です。
アクションを本体に入れて初めて、本体との調整が出来ます。
P72300022.jpg

整音jは最後にお部屋で仕上げますので、ここでは音を想像しての作業です。
このG3はあまり音が硬くありませんでした。
でも作業後はどうなるかはわかりません。
きっとガラッと変わると思います。

そして、全ての状態が整ってきたところで最終仕上げの、鍵盤の重さの調整です。





企画のレポートが出来ました - 2010.07.24 Sat

先日の18日に行われた、煌めきピアノコンサートとピアノ工房企画のレポートをアップしましたので、是非御覧くださいませ。

また感想をお寄せくださった方々、ありがとうございました。
皆様のストレートな反応が大変嬉しく思います。

これからも続けて行っていきますので、是非次回もよろしくお願い致します。
次回は11月頃の予定です。



歌枕直美の煌めきピアノコンサート


うたまくらピアノ工房企画「鍵盤の重さと音色の秘密」





ヤマハ G3 チューンナップ2 - 2010.07.23 Fri

さて次は動きの悪くなっている部分の修正です。

P7200008.jpg
この部品はピアノの内部に取り付けられているダンパーの部品の一部です。
この低音部分のみ、動きが鈍いのです。
その理由は雑音防止のために貼られている、ビニールのシールです。
写真の丸い鉛の間に小さい丸が見えますが、この部分に円形のビニールシールが貼られています。
もう一つの部品との雑音を防止するためです。
微妙な隙間を埋めるものなのですが、逆に経年変化もあってか、隙間が無く摩擦が大きくなって動きが悪くなっていました。

ちょうど同じ時代のC5も修理中で、同じ症状になっていました。
作られていた時代はそれが良かったのかもしれませんが、20年以上経った現在に支障が出てしまいました。
しかし、これはある程度分解しないとわからない部分で、ほとんどの中古ピアノなどはこの部分は見逃されています。

すべてこのシールを剥がしました。

以前これと同じ作業をブログに載せたところ、当時このシールを工場で貼っていたという元ヤマハの技術者の方からコメントをいただきました。
それは、





ヤマハ  G3 チューンナップ1 - 2010.07.22 Thu

Y様よりお預かりしているヤマハG3のアクションを、年数が経っているということもありますが、チューンナップしていきます。

その模様をお伝えしたいと思います。
どうせ弾くのなら、良いタッチで、良い音色で長く弾きたいものです。
そのために、年数が経ったピアノのどこに手を入れるかが大切です。

ポイントを外すと、変な状態で固まってしまいますので、これだけは避けたいものです。

P72000144.jpg
アクションをひっくり返した写真です。
ここのポイントは、、、



煌めきピアノ、工房企画、終了 - 2010.07.19 Mon

昨日は大勢の方々に、お越しいただき本当にありがとうございました。

詳しい内容は改めて、レポートにしてアップしますので、お楽しみに。

とにかく梅雨明けの暑い一日でした。
小さなピアノ工房に、お子様も入れてギュウギュウになって、いろんなピアノと、いろんな曲を楽しんでいただけたと思います。

DSC07413_convert_20100720232654.jpg


そして、工房企画では、いろんなパターンの実験をさせていただき、今想定されるピアノの状況を極端に現してみました。

おこしいただいた方々の反応も面白く、良いピアノと悪いピアノを言葉で表現するとどんな言葉が出てきますか?と言う質問には、悪い言葉ばかりが出てきたのが印象的でした。
普段よほどストレスがたまっているのでしょうか(笑)

こういうキャッチボールが出来る企画が楽しいです。
P7180036_convert_20100720231752.jpg


次回はまた秋に予定しますので、是非お楽しみに!



ピアノ工房企画 鍵盤の重さと音色の秘密 - 2010.07.11 Sun

鍵盤の重さと音色の秘密

タッチのコントロールで音色が変わるのはご存知だと思いますが、果たして鍵盤の重さはどのくらいが良いのでしょうか。
重い軽いのからくりと、音色との関連を探ります。

これらの内容は、普段いろんな方のお宅に調律に伺っていて、最後にポロンと試弾をしたときに家族の方々が、びっくりされます。
いつも聴きなれている音色と違う音色が出ているからです。
タッチのコントロールにもよりますが、調律中に鍵盤の重さを感じて、ハンマーの状態がわかって、このピアノにはこういう弾き方をすれば、音色のコントロールができると感じています。
それを試弾するときに実践しています。

そのような体感を是非お伝えできたらと思います。
また、鍵盤の重さの歴史の話、ハンマーの硬さの違いによる音色の変化の仕方などの実験も行いたいと思います。

是非いらしてください。



日時:2010年7月18日(日) 13:30~15:00
会場:うたまくらピアノ工房
料金:一般¥1,500.- 学生¥1,000 (税込み)




なお、同日行われる歌枕直美の煌めきピアノコンサートと食事のセット(割引)もご用意しています。

歌枕直美の煌めきピアノコンサート(10:00~12:00)+ランチ(税込み・お茶付)要予約

一般:¥5,500→¥4,500.- 
学生:¥4,000→¥3,200.-

歌枕直美の煌めきピアノコンサート(15:30~17:30)+ディナー
一般:¥7,500→¥6,500.- 
学生:¥5,300→¥4,500.-


お話:荒木欣一
使用楽器:うたまくらピアノ工房展示楽器



最近"G"が多いんです - 2010.07.10 Sat

この春からヤマハのGシリーズでのご縁が続いています。
新規でご依頼いただいた方が、ほとんどこのYAMAHA G3や2、5などお持ちでその、調律、調整、修理でこの夏までびっちりになっています。

もともとヤマハCシリーズとGシリーズのなかで個人的にはGが好きでなので、仕事の面でもお部屋とのバランスもとりながら仕事を進めさせていただいています。

なぜGシリーズが好きかというと、、、




思い出の曲 ブラームス ピアノ協奏曲第1番 - 2010.07.03 Sat

久しぶりに、この曲の仕事でした。
ブラームス ピアノ協奏曲 第1番

懐かしい思い出の曲です。
ブラームスの曲は荘厳な中にも繊細な美しいメロディーが流れていく、素晴らしい曲が多いのですが、その中でピアノ協奏曲というのはまた、ピアノの特徴を最大限にだしている曲の一つだと思っています。

今から20数年前イタリアにいた頃の話です。
まだ20代の頃に大きなコンクールの仕事が来ました。
このコンクールの本選はオーケストラとの共演で、その演奏で順位が決まります。

選ばれた3人はそれぞれ、ショパン、ベートーベン、そしてブラームスの選曲でした。
約10日に渡るコンクールは、空き時間が調律の仕事となるため、始まる前、途中休憩時、本番の立会いと終日つきっきりです。
その中でポルトガル人の若い奏者がこのブラームスを選び見事優勝しました。

この曲は50分もあり、かなり壮大になっています。
そして個人的に大好きなのがこの二楽章です。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2010年07月30日 (金)
ペトロフ プレップアップ1
2010年07月28日 (水)
ヤマハ C5 こちらも修理
2010年07月27日 (火)
ヤマハ  G3 チューンナップ仕上げ
2010年07月25日 (日)
ヤマハ G3 チューンナップ3
2010年07月24日 (土)
企画のレポートが出来ました
2010年07月23日 (金)
ヤマハ G3 チューンナップ2
2010年07月22日 (木)
ヤマハ  G3 チューンナップ1
2010年07月19日 (月)
煌めきピアノ、工房企画、終了
2010年07月11日 (日)
ピアノ工房企画 鍵盤の重さと音色の秘密
2010年07月10日 (土)
最近"G"が多いんです
2010年07月03日 (土)
思い出の曲 ブラームス ピアノ協奏曲第1番
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク