topimage

セミナー グランドピアノの調整のカラクリ 終わりました - 2011.01.28 Fri

月曜日にピアノの先生、調律師さんにお越しいただいて、セミナーを行いました。
今回は、グランドピアノはどうやって調整されているのかを、いろんな方向から知っていただくセミナーでもありました。
消耗部分、調整寸度、その確認の仕方など、調律師にとっては、自身で見る前に指摘されるという、嫌なもので、私自身に当てはめると、自分で自分の首を締める内容になりました。
しかし、相乗効果によって、よりピアノが弾きやすく、管理が行き届いて、レッスンなどの質が上がるのにつながっていくのではと思います。

90分という時間の中ではなかなか把握していくのは難しいと思いますが、一つでも自分のピアノでのポイントを見つけていただけたら嬉しいです。




ショパンコンクール2010 入賞者ガラ・コンサート - 2011.01.20 Thu

長い一日でした。
昨年でショパンは終わりと思いきや、そのショパンコンクールでの、入賞者のコンサートで、3時間というショパンづくしの内容でした。

ユリアンナ・アヴデーエワ(第1位 ロシア)コンチェルト
ルーカス・ゲニューシャス(第2位 ロシア/リトアニア)ソロ
インゴルフ・ヴンダー(第2位 オーストリア) コンチェルト
ダニール・トリフォノフ(第3位 ロシア) ソロ
フランソワ・デュモン(第5位 フランス)ソロ

一応皆さん同じピアノを弾いたのですが、それぞれ同じピアノとは思えない個性豊かな音が出ていました。
リハーサルも本番の曲より、アンコールの曲を練習していたりと、それぞれの思いが見えて面白いものでした。

さて、5人が同じピアノを弾くのですから、ピアノに対して注文はほとんどありません。
というかできないものです。
なので、終わった後の舞台袖で、感想をなんと言っていたか、ちょっとだけお伝えします。




大修理 スクエアーピアノ - 2011.01.13 Thu

M様からのご依頼での修理となったスクエアーピアノ。
分解していくと75年という歳月で、何度もの修理がされている状態が分かってきました。
修理内容は響板割れ修理、ピン板交換、駒割れ修理、外装塗装、などなど、、、。
まず、分解していって部品の調達です。
P1120001.jpg

こういうピアノがどんどん分解されていく写真はけっこう珍しいかもしれません。




ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ2 - 2011.01.12 Wed

P1090002.jpg
ハンマーのテールを整形したことによって、ハンマー自身の重さが変わり、それによっての鍵盤の重さも変わったため、鍵盤の重さ調整を行いました。
その時の残骸です。
つまり、鉛を削った形になり、その削った鉛の写真です。

最初からの重さも、けっこうばらつきがあったため、よい機会でした。




ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ - 2011.01.06 Thu

またまた縁があってペトロフのプレップアップの仕事ができました。
今回は、防音工事と同時進行です。
ピアノにとって、防音、音響がいっしょにできるという素晴らしい環境の中での仕事です。

一度納まったピアノからアクションだけをお預かりして、将来長持ちさせるための処理、調整、整音を施す仕事です。
これらをやるかやらないかで、ピアノの寿命が大きく違ってきます。
しかし、ピアノを見てみると、材料は良いものを使用しているのに、いきなり修理に近い内容のことの作業が待ち受けていました。
P1050019.jpg
チェコ製のレンナーアクションです。





修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 4 - 2011.01.06 Thu

年末年始にかけて、この作業が進んでします。

鍵盤関係でここまでの修理もなかなかありませんが、100年経てば普通のことかもしれません。
PC240019.jpg

木もやせたりして穴が広がっていきます。
その穴を縮めるには限界があるので、その部分だけ新しく、穴を小さくしたものに付け替えます。




セミナー グランドピアノの調整のカラクリ - 2011.01.05 Wed

グランドピアノの調整のカラクリ

今年最初のセミナーになります。
昨年グランドピアノについていろいろと知りたい、という要望が多く、それに答えるべく、構造のおはなしなどをしてきましたが、今回は、もう少し深く、調整について知っていただこうと思い、ご自身お持ちのピアノがどのように調整されているか、またどのような状態にあるかを把握していただき、調律師への要求、要望のヒントにして頂きたいと思い、できたセミナーです。

また、ご自身のピアノの寿命など、ご自身で把握できるものさしを持っていただけるものとしても考えました。
ピアノの先生であれば、生徒さんにピアノの状態を伝える一つの方法としても重要だと思います。



日時:2011年1月24日(月) 10:00~11:30

金額:¥3000

場所:うたまくらピアノ工房

講師:荒木欣一


是非ご都合付けばいらしてください。

お申し込み
utasha@utamakura.co.jp
06-6317-3873




2011年 うさぎ - 2011.01.03 Mon

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、ピアノの話にお付き合い下さいませ。
私の身の回りに起きたことでしかお伝えできませんが、なにかピアノ、音楽を通して暖かいものをお伝え出来ればと思っています。


どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

荒木欣一




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2011年01月28日 (金)
セミナー グランドピアノの調整のカラクリ 終わりました
2011年01月20日 (木)
ショパンコンクール2010 入賞者ガラ・コンサート
2011年01月13日 (木)
大修理 スクエアーピアノ
2011年01月12日 (水)
ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ2
2011年01月06日 (木)
ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ
2011年01月06日 (木)
修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 4
2011年01月05日 (水)
セミナー グランドピアノの調整のカラクリ
2011年01月03日 (月)
2011年 うさぎ
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク