fc2ブログ
topimage

ピッカピッカの小学1年生がピッカピカに - 2011.02.28 Mon

毎年歓待してくださるT様宅。
この春からお兄ちゃんが小学生になるとのこと、赤ちゃんだったのが早いものです。
それをずっと見守っていたピアノはグロトリアンーシュタインヴェッヒです。
下のお嬢もパパの膝の上に乗っていたのが、お兄ちゃん以上に活発になっているにはびっくりしました。
自然にピアノがある環境が、当たり前になっているというのは、スイッチを入れないと鳴らないピアノとは違い、今の時代嬉しいことです。

お手伝いを楽しみにしてくれていたということで、もちろん、しっかりと手伝ってもらいます。
掃除が中心です。
P2270005.jpg




アトラス ちゃんと退院 - 2011.02.24 Thu

ようやく退院して、おうちに戻りました。
P2220003.jpg

なんと戻るまで、N様は全ての掃除をされていました。
外装はピッカピカです。

写真を見てもお分かりのように、ピアノが前に出ています、斜めに。
そうです、ピアノの後ろも何年ぶりかでお掃除です。
私が調律をしている間に、N様が裏にもぐり、ホコリ、落し物をお掃除です。
その写真がこれです↓。



新品YAMAHA C3の一日調整 - 2011.02.22 Tue

M様のお宅での一日調整です。
今年の1月にヤマハC3を購入されました。
購入する前から、調律、調整は私に、と頼んでくださっていました。
それで気合を入れて、しっかりと調整、整音して、弾いていただこうと思い、朝一番から張り切っていました。

2~3週間前に調律に伺った時、その時の時間では調整しきれないので、改めて調整する日を設けさせていただいて今日になったのです。

分解していくうちに、だんだんと「なんじゃこりゃ?」というところがいっぱい見えてきました。
ちょっと昔まで、ここまでひどくはなかったのに、これはどこで作っているのだろうと思ってしまいます。
P2210007.jpg
このモケモケのハンマー。
これではppがぼやけてはっきり聞こえません。
音の輪郭がありません。
しかし、強く叩くと音が割れてしまいます。




大修理 スクエアーピアノ2 - 2011.02.21 Mon

大変な作業がまだまだ続きます。

P2140008.jpg
低音弦の駒がボロボロです。
駒の表面を張り替えます。
駒の高さは弦の圧力に影響しますので、しっかりと測って、同じサイズにします。
もしくは響板の圧の関係で駒の高さを変えることもあります。




アトラス ちょっと入院2 - 2011.02.20 Sun

P2110001.jpg
入院になった一つの原因は、鍵盤奥のキャプスタンという部品がアクションの緑のフェルトに当たります。
そのキャプスタンに緑のフェルトが付着して、ヤスリ状になり、フェルトをよけいに削ってしまうという、悪循環に陥ってしまっています。

これをきれいに滑るようにします。
一般的には黒鉛を塗っているのが普通なので、黒鉛も塗滑りを良くします。





次回のピアノ工房月間 内容が決まりました - 2011.02.13 Sun

いよいよ3月20日から4月10日まで、うたまくらピアノ工房月間が行われます。
その内容をお伝えいたします。

●コンサート●
『歌枕直美の煌めきピアノコンサート』
3/20(日)・3/22(火)10:00~12:00
お話と演奏:歌枕直美
楽器案内人:荒木欣一  
参加費:一般¥2500、学生¥1800、子供(小学生以下)¥900

=コンサート後、茶論でのランチ=
 12:15~13:45
料金:大人¥1500、子供¥1200



●セミナー●

『倍音を目で見てみよう』
3/20(日)14:00~15:30
3/28(月)10:00~11:30
講師:荒木欣一
参加費:¥2000 

『ピアノってどんな楽器?』
3/27(日)14:00~15:30 
講師:水野修敬
参加費:大人¥1200 子供¥800

『歴史的鍵盤楽器の体感』(映像説明付き)
4/3(日)14:00~15:30  
講師:荒木欣一
参加費:¥2000

『ピアノ技術セミナー』
4/10(日)10:00~15:00
第1部「整音の基礎」/第2部 「歴史的鍵盤楽器とリビルド・ベヒシュタインの音色」
講師:荒木欣一
参加費:¥8000(昼食付き)

詳しくは ↓





アトラス ちょっと入院 - 2011.02.11 Fri

N様の思い出のアップライトピアノ。
しばらくグランドを弾いておられたので、今はほとんど弾かれなくなって、しばらく経っているとのこと。
それが、グランドピアノの再生がきっかけでお知り合いになれ、眠っていたアトラスピアノをもう一度起こして弾いていただけるように、お手伝いです。
IMG_0231.jpg



ピアノの中身を引き取る数日前に、嬉しいメールが届きました。
「是非、ピアノの掃除をしたいです。」
メールでのやりとりをして、どこをどのように掃除するのか、拭いていただくのかをお伝えしました。







修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 7 - 2011.02.05 Sat

P2010008_20110203222938.jpg
ズレまくり。
いくら新しい部品を使って100年前のものに取り付けたとしても、こんなに、ズレているのを置いているのはちょっと首をかしげたくなります。
全てが中心からずれているので、しっかりとしたタッチが出ません。




修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 6 - 2011.02.04 Fri

100年たったフロントピンは傷があったり、メッキがはげていたり、非常にざらついた状態でした。
そのピンを抜いて、硬質クロームメッキを施しました。
このためにメッキ屋さんを探して、かなりいろんなところにあたって、見つけたところが匠の技を存分に発揮されているところでした。

P1240005.jpg
フロントピンを抜いた鍵盤筬





修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 5 - 2011.02.03 Thu

いよいよダンパーフェルトの交換です。
P1230001.jpg

上記はアメリカでの修理で、なんといい加減な貼り方でしょう。
一応音が止まっているという状態ならOKということ以外は、首をかしげてしまいます。
これらすべて剥がして、新たに貼り直します。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2011年02月28日 (月)
ピッカピッカの小学1年生がピッカピカに
2011年02月24日 (木)
アトラス ちゃんと退院
2011年02月22日 (火)
新品YAMAHA C3の一日調整
2011年02月21日 (月)
大修理 スクエアーピアノ2
2011年02月20日 (日)
アトラス ちょっと入院2
2011年02月13日 (日)
次回のピアノ工房月間 内容が決まりました
2011年02月11日 (金)
アトラス ちょっと入院
2011年02月05日 (土)
修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 7
2011年02月04日 (金)
修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 6
2011年02月03日 (木)
修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 5
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク