topimage

関東のお客様 平均年齢50歳(ピアノが) - 2011.04.25 Mon

3日間関東方面に調律に伺っていました。
地震の次の日に伺う予定だったのが、地震で伸びていたものです。
伺っていたその間も何度か余震が来ていました。
それにしても、電車の中と駅が節電で暗かったのが印象的でした。

今回、ピアノの平均年齢が50歳くらい。
こういうパターンも初めてかも知れません。

私と同じ年の東京オリンピックの昭和39年製ヤマハU3。
同じ年くらいの大橋ピアノ。
またまた同じ年のシュベスターピアノ。
少し若くて45歳くらいのドレスデン。
80歳のグロトリアンーシュタインヴェッヒ
新しいヤマハC3

それぞれが趣があって、大切に使われており、音楽があるお宅でした。







ヤマハG7 50年もの1 - 2011.04.22 Fri

A様からご依頼を受けたヤマハG7のオーバーホールが始まりました。
スクエアーピアノとダブルで進行しています。
修理しやすい季節にもなってきて、梅雨前には仕上げて納品の予定です。

今回の大きなポイントは、黒い外装を木目にする!
50年前になると、あまり、樹脂などを使っていない時代なので、外装も黒をはがすと、きれいな木目が出てきます。
それをウォールナットで塗装しなおす、というわけです。
塗装は塗装屋さんに出すのですが、他の修理はこちらで行います。

そして、厳選されたハンマーでこの大きなボディーを鳴らすための整音も施します。まずは分解からです。
PAP_0020.jpg

響板の色も変色しています。
弦も錆びています。




大修理 スクエアーピアノ6 - 2011.04.17 Sun

本体の仕上げにかかっていきます。
とにかく弦が無いことには楽器に見えません。
鉄骨を本体に乗せ、ボルトを締めていきます。
P4130002.jpg

鉄骨のまわりのネジを締めていきます。

鉄骨を乗せる前にもう一度響板のニスを塗りました。
ざらつきを取るために軽くペーパーでならしています。
また、ピアノの内側の部分の塗装も忘れてはいけません。
鉄骨が乗ってしまうと、隠れて塗れなくなってしまい、雑な塗装で「これは後から塗ったなぁ~。」というのがすぐ分かってしまいます。


張弦するための前準備はいろいろとあります。
もうひとつは、これです。





最終日 ピアノ工房月間での技術セミナー - 2011.04.12 Tue

昨日でうたまくらピアノ工房月間が終わりました。
この期間毎週日曜日に、セミナーをさせていただき、いろんな方面からのお客様にお越しいただきましたこと、大変感謝し、お礼を申し上げます。

さて、最終日は技術セミナーということで、ヤマハピアノを使っての「整音」を中心にセミナーをさせていただきました。
実際に、現場での整音、修理での整音と状況が違えばやり方も変わります。
程良く使われているのか、消耗が激しいのか、置かれている環境などにも影響されますが、より良い音を作るためのヒントになればと考えたセミナーです。

集まっていただいた方々は広島、岡山、関西地区の技術者、そしてよりピアノを知りたいというピアノの先生方も参加されました。
弾き手と、技術者の考え方の違い、捉え方の違いなど両面が見れて大変よかったです。
P4100007.jpg
まず、自分自身のピアノの基準を見極めるために、ピアノを弾いていただきました。
このピアノに対してどんな感想を持つか。



大修理 スクエアーピアノ5 - 2011.04.07 Thu

ピン板の加工です。
大きな木工機械がないので、細かい部分は手作業になります。
オリジナルの形に沿って作っていきます。

P4050002.jpg

こういうふうにピン板を加工できるのは現代のピアノでは難しいです。
それこそ、ピアノの工場のような大きな機械があるところでは可能かもせれませんが、日本ではまだそういう古くなってピン板がだめになっても使うようなピアノは少ないです。
あっても、逆に寿命が来たという形で、新しいものを勧めます。



歴史的鍵盤楽器のセミナー 工房月間第3弾 - 2011.04.04 Mon

うたまくら工房月間が始まり、3回目のセミナーになりました。
今回はうたまくらピアノ工房の定番セミナーの、ピアノが出来るまでの楽器を並べてのセミナーです。

子供さんや、初めて来られる方もいらっしゃるということで、実物の楽器のほか、資料映像、資料音源を交えて90分はあっという間でした。
実は5年前にこれらの楽器がうたまくらにあるということで、こういう企画を考え、今までイタリア時代に集めていたピアノの資料が本棚に眠っていたのを取り出し、また読み返すきっかけとなりました。
間違って覚えていたことや、改めて知ったことなど、自分が目からウロコがいっぱいあったので、是非お伝えしたいと思いました。

起源をたどると紀元前になる話からになります。
ピタゴラス、そういえばなんだたかな?
P4030045.jpg



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2011年04月25日 (月)
関東のお客様 平均年齢50歳(ピアノが)
2011年04月22日 (金)
ヤマハG7 50年もの1
2011年04月17日 (日)
大修理 スクエアーピアノ6
2011年04月12日 (火)
最終日 ピアノ工房月間での技術セミナー
2011年04月07日 (木)
大修理 スクエアーピアノ5
2011年04月04日 (月)
歴史的鍵盤楽器のセミナー 工房月間第3弾
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク