topimage

ヤマハG7 50年もの6  - 2011.05.27 Fri

いよいよハンマー付です。

今回も、前回良かったアーベルのスペシャルハンマーを採用しました。
巻が良くて、しっかりと芯があり、音の伸びが良いという印象です。

シャンクはレンナーを採用です。
P5260002.jpg
そのレンナーのシャンクの音を揃えます。
意思の板の上で叩くと、カン、コンと音程差が出てくるので、これを音程順に並べ、打弦したときの打撃音を揃えます。
慣れないと聞き取りにくい音です。
これをやるだけで、弦の音以外のものが揃うので、非常に澄んだ感じに聞こえます。
やるかやらないかは雲泥の差が出ると思います。
ハンマーとシャンクがキットで売っているのはこの作業をやってないので、打撃音がバラバラなので、使いません。




ヤマハG7 50年もの5  - 2011.05.26 Thu

P5200006.jpg
最近の快晴続きは絶好の漂白日和です。
象牙の漂白です。

やり過ぎると表面が荒れてつややかな象牙では無くなってしまうので要注意です。



ヤマハG7 50年もの4 - 2011.05.26 Thu

佳境に入ってきました。
張弦前準備です。
ピンを打ち込むために、しっかりと支えが必要です。
この支えをしていないがために、チューニングピンを打ち込んだ際のひどい支障をいっぱい見てきました。
ピン板が剥がれる、ピン板が陥没してアクションが出しにくい、など信じられないものばかりですが、守るところをしっかり行うと、新品より丁寧が仕事ができていきます。

P5180031.jpg
>






セミナー 倍音を見よう - 2011.05.24 Tue

本日、うたまくらで人気のあるセミナー「倍音を見よう」を行いました。
定期的に何回か行っているセミナーなので、内容は割愛いたしますが、参加していただける方々で、雰囲気も違ってきますので、どんな感じだったかだけでも、お伝え出来ればと思います。

倍音を見る

音は普通は見えませんが、今の時代、技術の発達により、目で見ることができるソフトがあり、それを使っていろんな実験、観察を行いました。

その前に周波数とは?
その波形がこれです。
440hz.jpg





ヤマハG7 50年もの3 - 2011.05.19 Thu

黒が木目になってきました。
00001.jpg
着色をして、木目を浮き立たせます。
この後、表面に塗料を吹きつけていきます。
塗料がかかってはいけないところを養生して、塗るところだけを出します。



うたまくらホームページのリニューアル - 2011.05.12 Thu

しばらく内容を更新していませんでした。
というのも、夜な夜な会社のホームページをせっせと作っていました。
こういう世界はどんどん進化していきます。
正直ついていくのがやっとですが、わからないからできるというのもあるかもしれません。

今の段階ではまだ内容がつまっていません。
30%といったところでしょうか。
これから、今まで以上に見やすく、充実させていきたいと思います。
勉強しながらですが。

今回の最大の特徴はプロの方にデザインを見ていただいた点です。
どう見せたらきれいか、見やすいか、インパクトがあるかなど、大変勉強になりました。
文字の大きさ、濃さ、色、素人では単調になるか、派手派手かどちらかですから。

そして、もう一つ。
私はhtml言語(ホームページなど)というのはほとんどわかりません。
今回いろんなソフトを探し、条件として、
・素人が作る
・素人が作った、というふうには見えないデザイン性
・初心者でも作れる

こういう条件を満たしたものを見つけました。
わからない素人ができるソフトがあり、まだ4年という新しい会社のものですが、巷を賑わせています。
坂本龍一と共同でプロジェクトをしたり、NHKに取り上げられたりと、ネットの世界のあらたな可能性を唱えている37歳のデジタルステージ社の平野友康氏
最新機能が一番きれいということではないのですが、直感的にできるというのが面白いところです。

年とともに頭が硬くなっていく中、こういう仕事は大変ですが、アナログに似た感じがあり面白いものです。

これからの充実度もどうぞお楽しみに。

うたまくら社公式サイト



ヤマハG7 50年もの2 - 2011.05.03 Tue

P5020009.jpg

きれいなきれいな木目が出てきました。
黒だったピアノの塗装を剥がして、木目にします。
ヤマハは時代で、このようなきれいな木目が出てきます。
しかし、最近のものは、こういう大きな平面部分は樹脂のシートで覆ってしまい、経年変化を防いでいます。
音の響きがどう影響しているかは、わかりませんが、、、。

木に呼吸させてあげたい、という感じです。



大修理 スクエアーピアノ7 - 2011.05.03 Tue

張弦も終わり、終盤になってきました。
弦振動を止めるダンパー関係になってきます。

P4250001.jpg

フェルトは汚れて、横に広がり、ヘッドはホコリが積もって木目が見えず、とにかく汚い状態です。
これらのフェルトを張り替えます。

そして、このピアノの特徴でもある、巻線が多いということです。
すると、一本張りの巻線が、23鍵もあります。
このフェルトだけが極端に多く必要です。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2011年05月27日 (金)
ヤマハG7 50年もの6
2011年05月26日 (木)
ヤマハG7 50年もの5
2011年05月26日 (木)
ヤマハG7 50年もの4
2011年05月24日 (火)
セミナー 倍音を見よう
2011年05月19日 (木)
ヤマハG7 50年もの3
2011年05月12日 (木)
うたまくらホームページのリニューアル
2011年05月03日 (火)
ヤマハG7 50年もの2
2011年05月03日 (火)
大修理 スクエアーピアノ7
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク