topimage

ピアノ椅子の復活 - 2015.08.26 Wed

ピアノと同じように使い続けるものの一つとして、ピアノ椅子があります。
ピアノを買った時に一緒にやってくるものです。
小さい時に買った方は小さい体に鍵盤が届くように、椅子も高くなる、背もたれのある椅子だと思います。

ピアノの先生の椅子も小さな子を教えるために同じ椅子を使われています。

ピアノと同じように年数が経ってきて、ガタついてきて、座面が破れてきて、などの状態になってきます。
そして次の椅子を買わなければと考えたりします。
でも、塗装を綺麗にするだけで、座面を張り替えるだけでまだまだ使い続けられるものです。

新しい椅子より、昔の椅子の方ががっちりとしっかりと作られています。
それをもう一度使っていただけるご提案です。
IMG_2948.jpg



ヤマハC3 オーバーホール - 2015.08.19 Wed

今日から福井のお客様からご注文のピアノにとりかかります。
今回のピアノはYAMAHA C3の40年ほど経ったもので、年数は経っていますが、良く鳴るピアノです。
響板の木目のきれいさ、アクション関係の状態の良さは特筆できる部分です。
こういう良い状態のピアノというのはまれに出るのですが、そこにこだわった修理ができるということは、先が楽しみです。
オーバーホールを施したピアノをご購入という形でまとまりました。

作業内容は一般的なものと、こだわった部分と説明をさせていただきました。





黒檀(こくたん)に交換 - 2015.08.13 Thu

GROTRIAN-STEINWEGのグランドの黒鍵を黒檀に交換するご依頼をいただきました。
昔のピアノは象牙(アイボリー)、黒檀(エボニー)でしたが、特に象牙はワシントン条約の1973年以降、輸出入が禁止され、この年までの象牙の在庫しか使えないことになりました。
黒檀も高価で貴重な木材ということと、非常に硬く密度が高いため細工が大変なことで、安価な樹脂製の黒鍵になっていきました。

現在のピアノでは樹脂製になっています。
一部のピアノでは黒檀調と言って、黒檀でない木材を黒く着色して使用しています。
ホールに設置しているコンサートピアノには黒檀が使われています。
その状態を安価で一般家庭用のピアノでも可能なので、黒鍵を黒檀に変更できることをお話しすると、是非、ということになりました。

やはり触った感触は適度なザラザラ感があり、指先に馴染みます。
白鍵より高い位置に来るため指が滑りにくく落ちません。





平和だからこそ - 2015.08.06 Thu

広島での仕事が入って来ました。
原爆投下から70年目の今日、その時間に広島に着きました。
今までなかった事でした。

今まで何度広島に来ていても、原爆ドームの近くに来ても「戦争」は遠い存在でした。

コンサートはこの日を意識したものではないのですが、「70年前の事を思いこの地で演奏するという運命を感じて演奏してください。」との指揮者、作曲家からの注文がありました。
そのピアノの仕事ができる。
あらためて、平和だからこそ音楽に囲まれた仕事ができる、ピアノに向かっていれる。

“戦争は絶対いけない”と切に願って仕事ができる今日この日に感謝します。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2015年08月26日 (水)
ピアノ椅子の復活
2015年08月19日 (水)
ヤマハC3 オーバーホール
2015年08月13日 (木)
黒檀(こくたん)に交換
2015年08月06日 (木)
平和だからこそ
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク