fc2ブログ
topimage

技術者向けオーバーホール研修 - 2019.08.29 Thu

新しくオーバーホールするピアノが入ってきました。



解体する前にできる研修として断線時の張弦を行います。
チューニングピンを最低限しか回さないやり方で、トルクの低下を避けます。
YAMAHAは年代によってですが、チューニングピンを外す方向に回すとピンブッシュも一緒について来て上がってしまい、もう二度と下に下がらないためトルクが弱くなるばかりか見た目にも醜いものになってしまいます。
その対処法を研修します。

そしてオーバーホールを行う時のデータ取り、分解の仕方の研修も合わせて行います。

また良くなるピアノに出会えたことに感謝です。

お問い合わせ
utasha@utamakura.co.jp

YAMAHA S.C. - 2019.08.22 Thu

YAMAHA SCというモデル。
このピアノは1966年製のもので、フルコンサートグランド275cmとセミコン227cmの間に位置する250cmという今ではどのメーカーも採用していない大きさのピアノです。



稀に古くからあるホールなどに設置してることがあり、仕事をしたことがありますが、かなり大きく重いため個人で持たれるというのはなかなかありません。

今回ピアノの調子が悪く今の状態をなんとかしてほしいということで、修理のご依頼がありました。
この機種はYAMAHAの技術者でも知らない方も多く珍しいピアノで、直すノウハウがないのもうなずけます。
ましてや今回は修理の修理のためにオリジナルの寸法が殆ど分からない状態の修理でした。


ベトナムのピアノ修理 - 2019.08.16 Fri

許されない修理。
人件費が安く、輸送費をかけても国内で修理するより安く仕上がるベトナムでの修理。
利益が出るためこういう修理を利用する業者が増えています。
しかし、修理レベルは素人が作業したかのようにしか見えないほど程度の悪いもので、ピアノの良さを消してしまっています。



一見すれば外装が綺麗に仕上がっており何十年も経っているようには見えません。
細かな状態、部品の良し悪しなどは専門の技術者以外はわからないので購入者はそこで騙されてしまう案件が増えています。

以前アップライトピアノをベトナムでのオーバーホールしたものを見たことがありますが、外装以外はいつ壊れてもおかしくない程度のものでした。
しかし、お客様は思い出のピアノが蘇るならと頼まれたそうです。

業者の利益のためにピアノと所有者が犠牲になる、許されないことです。

そして今回はかなり酷い状態のピアノの修理依頼があり進めています。


お預かりYAMAHA G3修理納品 - 2019.08.08 Thu

仕上がったYAMAHAの納品に行って来ました。
広いお部屋に磨き上げたピアノが光っていました。



このピアノは所有者様のご協力のもと6月に解体ショーをさせていただき、オーバーホールで交換することになったいろんな部品を利用して夏休みの自由研究のセミナーにも使わせていただきました。

毎回のセミナーに山口県からご参加頂き、お嬢様の夏休み自由研究の題材にもされていました。


夏休み自由研究「ピアノのひみつ図鑑を作ろう!」終わりました。 - 2019.08.01 Thu

先日暑い中熱い講座が終わりました。
親子で、ピアノの先生と生徒さんで、ピアノの先生の勉強でとみなさんに楽しんでいただきました。


ピアノはいろんな材料でできています。
弦を叩いて音を出す楽器ですが、最後の出口は木の振動です。
この部分から体感していただきました。

オーバーホールを施していたグランドピアノが出来上がりましたので、屋根を取った状態の響板が見やすい形で響板の響きを聴いていただきました。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2019年08月29日 (木)
技術者向けオーバーホール研修
2019年08月22日 (木)
YAMAHA S.C.
2019年08月16日 (金)
ベトナムのピアノ修理
2019年08月08日 (木)
お預かりYAMAHA G3修理納品
2019年08月01日 (木)
夏休み自由研究「ピアノのひみつ図鑑を作ろう!」終わりました。
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク