fc2ブログ
topimage

ハンマーの打弦点変更(植え替え) - 2019.10.30 Wed

高音の弦、一番良く鳴るポイントはある一点です。
ほんの少しずれただけで全く違う音色が出てきます。
ハンマー付けを行った後に音を出してみて音が綺麗に通るかどうかを聞き取ります。
出てない場合はアクションの前後をずらしてその一点を探ります。
今回は最高音部で2mmの変更を行いました。



断線による高音部の全弦交換 - 2019.10.25 Fri

そんなに年数が経っていなくても1日の使用時間が長いピアノ、ピアノ教室、音大、音大生宅のものは金属疲労が進み断線が多くなっているものが多いです。
演奏中に弦が切れる、それはストレスがたまります。

解決方法はその部分の弦交換と鉄骨の弦溝取りとハンマーの整形です。
今回のピアノは断線が出だして4~5年、もう止まらなくなってしまいました。
激しい曲でなくポンっと弾いただけでも切れるとのことです。

全弦交換のメリットは断線が無くなり新しい弦の音の伸びが蘇ります。
ストレスが無くなります。




YAMAHA2本ペダルを3本に改良取付編 - 2019.10.16 Wed

現在のピアノで必需品となっている3本ペダル。
ソステヌートペダル。
あまり使わない機構でもあるのですが、無いとその曲が弾けないということもあって今は標準になっています。

・ダンパーブロックをタブリップ付きに交換
・羽根の取り付け
・3本用にペダル箱の一式交換
・棚板に突き上げ棒が通る穴をドリルで開ける
・天秤の位置決め、取り付け
・コイルバネが収まる穴を作る
・ダンパーヘッド取り付け後ソステヌート調整




アルコールランプの優位性 - 2019.10.10 Thu

ハンマー付けが終わった後、ちょっとした傾きを直したいときにハンマーシャンクを温め木部のねじり、傾きを直します。
それを何で温めるか。アルコールランプです!

しかし、日本で多いのが電気で温めるプライヤー、ライター、チャッカマンなどです。手軽ですね。
しかし、これらは大きな欠点があります。

まずはアルコールランプで温めて直す動画を見てください。
5~6秒で結果が出ます。



ハンマー付け研修 - 2019.10.02 Wed

先日1日かけて新品ハンマーを加工して接着するまでの工程8時間を見ていただき研修しました。
通常行なっている一連の流れをほぼ途切れなく行いました。
短時間でここまでの内容のレベルを行うというのを体感していただきたかったのです。
名古屋、福井など遠くからもご苦労様でした。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2019年10月30日 (水)
ハンマーの打弦点変更(植え替え)
2019年10月25日 (金)
断線による高音部の全弦交換
2019年10月16日 (水)
YAMAHA2本ペダルを3本に改良取付編
2019年10月10日 (木)
アルコールランプの優位性
2019年10月02日 (水)
ハンマー付け研修
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク