fc2ブログ
topimage

歴代の調律師さんの仕事 - 2022.08.31 Wed

先日からオーバーホールでお預かりしているピアノは進学、転勤と共に転々と移動されて来たピアノです。
そして、なんと調律カードを見るといろんな所を転々とされているのにその土地での調律師さんをみんな知っていました。
この場所ではこの方、ここではこの方か、と顔まで思い浮かぶほどの事でした。



今は作業の工程を写真で撮ってご依頼者とLINEで繋がって写真を見ていただくなど、こちらの動きをリアルタイムでお伝えすることができます。

かわいいサイズのグロトリアン - 2022.08.24 Wed

ピアノ工房に入ってきたのは高さ104cmのグロトリアン-シュタイヴェッヒGrotrian-Steinweg です。



これから手を加えていくピアノなのですが、今から楽しみなのです。
それはどれだけ小さなピアノでも全く手を抜くことはなく作っているので細かい部分までこだわっていて、それが音に表れてくるのです。

いよいよ今週 ベヒシュタイン 企画 - 2022.08.02 Tue

今週8/5金曜日に「時代を語るベヒシュタインの響き」の企画をおこないます。ベヒシュタイン ジャパンの加藤社長をお呼びして歌枕と3人の掛け合いでベヒシュタインの話と演奏を楽しんでいただきます。


加藤社長との最初の出会いはドイツ、フランクフルトのムジーク・メッセ(楽器見本市)私が27歳の時でした。
詳しくは今週のベヒシュタイン企画でお話しできたらと思いますが、1992年までイタリアに7年いて(当時の日本のことは完全に抜けていますが)西ドイツからドイツになった激動のヨーロッパにいたのだとあらためて想いを馳せて、その時のベヒシュタイン工場研修の事とか、いろんな話が加藤社長とできるのではとワクワクしています。

22~23歳の時にドイツのピアノ修理工房で、当時100年は経ったベヒシュタインのグランドピアノをオーバーホールして蘇らせた音を今でもはっきり覚えています。コーヒーを飲みながらピアノを弾いて満足げなマイスターの顔も。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

2022年08月31日 (水)
歴代の調律師さんの仕事
2022年08月24日 (水)
かわいいサイズのグロトリアン
2022年08月02日 (火)
いよいよ今週 ベヒシュタイン 企画
by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク