fc2ブログ
topimage

タローネ Vol.3 サウンドボード - 2007.09.04 Tue

前回、書かせていただいたように今回はタローネの響板の話をしたいと思います。




響板は各メーカーピアノの心臓部分でもあるのでここにいろんな技術が結集されています。
スタインウェイの工場で研修していたときも、毎日通っても響板作製の工場には入らせてくれませんでした。
小さいメーカ-などは響板メーカーに作らせているのも多いのですが、このタローネは一台一台手作りです。

真上から
イメージ 1

低音側の端がえぐられているのがお分かりでしょうか。
響板をぐるっと一周しています。
こういう作りをしているメーカーはドイツのザイラー社があります。


拡大写真
イメージ 2

このえぐりをどのように作っていると思いますか。
今の技術であればルーターなどで削り落としていくものですが、タローネはスクレーパー(金属の板)をカンナで削るように少しずつ落としていきます。
ピアノの前足を2本取り外し、鍵盤側を地面に付け傾けた状態で削っていきます。
(もっと楽な方法がありそうなものですが)

イメージ 3

それも中心が円状になるように。
タローネは中心が円状で厚みを増してボリュームが出るように、響くように。
スタインウェイなどでも中心に行くほど響板の厚みを厚くしています。

イメージ 4

響板裏側。
スタインウェイのサウンドベルに近い用途のもの。
鉄骨の高さ、つまり弦圧を調整することができるように。
実はこの金具はファツィオリにも同じものが使われていました。
実際タローネの工場が無くなってから職人たちがファツィオリに行ったのは有名ですが。
(ファツィオリ氏自身タローネとは一切関係がないと言っています)


イメージ 5

支柱も中心に集まっています。

イメージ 6

そして響板の表側の円状に削られている弧の位置に裏側からはしっかりと木枠が取り付けられています。
振動する部分、しなくてよい部分を分けています。





こういう手間ひまかけていれば良いものができるかもしれませんが、採算の面では厳しかったのではと思います。
でもこのこだわりが音になっている訳ですから、これを体感してしまった以上伝えていかなければと思うのです。
ここから出てくる音はいかようにも自分の染めたい色に染まってくれるような音です。



詳しくはうたまくらのサイトでも紹介していますのでご参照ください。


うたまくら工房企画 「タローネの秘密」
http://www.utamakura.co.jp/piano/kikaku/070527/kikakutallone2.html

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/121-fd0bc1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パバロッティの思い出 «  | BLOG TOP |  » 舞台裏 フィナーレ

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク