topimage

舞台裏 Vol.3 夏草や兵どもが夢の後 - 2007.09.01 Sat

朝一番の準備からコンサート最終までの舞台裏。
メインホール調律、楽器運び、図書館キッズコンサート準備、本番、いろんなものが重なって戦のようです。
通常のコンサートはそれほどでもないのですが、音楽祭という特殊な場合はいろいろ詰め込みお腹いっぱいになる内容です。

本番中、職員の方々は写真をサイトにアップし
イメージ 1

http://www.takefu-imf.com/




東京から来られた音響のIさんは、音楽祭のための特設!簡易!スペシャル!音響場(舞台袖)で録音されています。
音は抜群!
イメージ 2






現代音楽でお腹いっぱいになってきて、そろそろホッとするものが聴きたいというタイミングで、今日はヴィオラのリサイタル。
ヴァイオリンと違って一歩控えめなところでもあるのですが、そこが何ともアットホームの感じで良いのです。
25年前の現役スタインウェイから出て来る甘い音色も盛り上げてくれます。
ピアニストからは「調律の一つのポイントがはまるとパッと全体の音が広がるの。それを探して。」とリハーサルのときに言われ、どこまで本番に持っていけたか?



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




最高のヴィオラ奏者が、最後にアンコールでバッハを弾いてくださいました。
そのあと拍手でステージに向かい入れられたときに、そっと置かれた弓と花束。
イメージ 3


そしてお客様が帰っていったステージで、温度を感じ、余韻を感じています。

夏草やつわものどもが夢の後
イメージ 4









という余裕は本当はありません。
サッサと方付けて次の日の準備に取りかかります!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/123-158c207e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

舞台裏 フィナーレ «  | BLOG TOP |  » 舞台裏 Vol.2 世界最先端の音楽

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク