fc2ブログ
topimage

舞台裏 Vol.2 世界最先端の音楽 - 2007.08.31 Fri

武生国際音楽祭のもう一つの顔として、現代音楽があります。
今まさに活躍されている、作曲されている、演奏されている人たちがこの越前の地に集結しています。
昨日はこのコンサートが行われました。

何をもって最先端かわかりませんが、世界初演であったり、楽器によってのいろんな演奏方法が発明されたり、ある意味実験現場でもあります。

この音楽がどこまで理解されているか、浸透しているかはかなり疑問はありますが(個人的にはついていけない部分はあります)、しかもこの田舎でどこまで盛り上がっているかは難しいものです。

しかし、舞台裏は計算された動きを行わないとコンサートは成り立たないのも事実です。

そのちょっと舞台裏を覗いてみましょう。


いろんな編成パターンがあり、その都度ピアノの入れ替え、椅子の位置高さ、譜面台の位置の印(業界用語:バミリ)をバミっておかないといけません。
その印です。
イメージ 1


貼った人しかわかりません。


譜面台の数、椅子の数も都度の編成に合わせ出します。
誰にどの譜面台?
イメージ 2




最先端のピアノの音楽
イメージ 3

イメージ 4

弦をたたき、弦をはじき、弦を押さえ倍音を出し、ピアノの中に他の楽器を入れ音を出す。
こんなにもいろんな可能性があるのかとびっくりします。
(ピアノに決していいことばかりではありませんが)

リハーサル
イメージ 5



本番、この世界をリードしていく人たちの集団の思いと、舞台裏の動きは絶妙でした。

しかし、疲れました!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/124-e7836216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

舞台裏 Vol.3 夏草や兵どもが夢の後 «  | BLOG TOP |  » 織田信長

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
38年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク