topimage

ペトロフがやってきた!Vol.3 - 2008.05.02 Fri

昨日に引き続きペトロフの、いやチェコ製品ならではの調整をご紹介します。
自国で生産している部品だからいろんなチェコ製のピアノによく見られることなのですが、


イメージ 1

鍵盤奥に着いている真鍮の部品(キャプスタン)ですが、


イメージ 2

イメージ 3

まわりの面取りが悪くギザギザしています。
真ん中に見える輝いているのが磨いて仕上げたものです。

過去にこのギザギザキャプスタン・ピアノに当たり、苦労したことがありました。
この真鍮の上にはアクションのフェルト部分が乗ります。
そして常に摩擦が起きている場所です。
ギザギザ、バリが出ている状態ですと、そのフェルトを削ってしまい、穴があいてしまいます。

そのとき見たピアノは案の定まだ新しいのに穴があいて、引っかかるタッチになっていました。

もう一歩きれいに仕上げてくれれば良いのにと思ってしまいます。

イメージ 4

ペーパーでギザギザのバリを削り落とし、



イメージ 5

バフで磨き上げます。



イメージ 6

左側が仕上げたものです。
これでスムーズな滑りが出てきました。



イメージ 7

そしてアクションを付けて、魔法のランプ(ただのアルコールランプ)でねじれたハンマーの傾きを調整します。
日本では電気のアイロンで一カ所だけをつまんで暖めて調整するのですが、熱すぎるのと、暖める範囲が狭いためヨーロッパでは決して使いません。
アルコールの柔らかい熱で全体を暖めて調整します。

調律、整調を仕上げ次は最後の整音です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/13-b9152d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペトロフがやってきた!Vol.4 «  | BLOG TOP |  » ペトロフがやってきた!Vol.2

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク