topimage

ヤマハ 1968年製 復活! Vol.1 - 2007.08.09 Thu

現在急ピッチで取りかかっている仕事が、昭和43年製のU7です。
K様から「実家にあるヤマハが40年経っていますが、これから使えるかどうかを見ていただきたいのです。」というお電話を頂き、見に伺いました。

弾かれなくなって数年が経つピアノですが、最近までしっかりと調律もされ、除湿器で管理もされていたどのこと、うれしいかぎりです。

お兄さんがこのピアノは絶対取っておいて欲しいと言われていたそうで、このピアノとともに練習、受験などいろんな思い出が詰まっていらしたのだと思います。
なによりも当時の最高級ピアノですから”ピアノ 売って ちょ~うだい”では悲しすぎます。

K様も理解があり、このピアノをお子さんに使わせ、次の世代にと決められました。
しかし長い年月弾かれていたので消耗している部分、弾きにくい部分、タッチが極端に重い部分などいろんな症状が出ています。
それにできるだけのことをさせていただきたいと思い、お子さんが使いやすいように引き取って修理、調整することになりました。

まずは象牙です。
ご家族の汗の結晶です。
汗を吸っため黄ばんでいます。
イメージ 1オリジナルのサイズの画像を見る場合はクリックしてください。



これからどんどん白くします。
隣の駐車場で、、、夏は絶好の漂白日和です。
イメージ 2オリジナルのサイズの画像を見る場合はクリックしてください。



白鍵が抜けたピアノもあまり見ることが無いでしょう。
イメージ 3オリジナルのサイズの画像を見る場合はクリックしてください。



どこまで白くなったでしょうか。
出来上がりは後日報告します。



株式会社うたまくら
http://www.utamakura.co.jp

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/145-d2ff52be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザウター でジャズを! «  | BLOG TOP |  » スタインウェイ 1916年製 この背の高さ

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク