topimage

ベヒシュタイン 8 育っていました - 2008.06.16 Mon





7~8ヶ月前に行かせていただいたY様宅のベヒシュタイン8。
確実にピアノがY様仕様に近づいて、というより以前と変わって来ているのを感じました。

DSCN4037.jpg



ピアノも含めての再会は大変うれしいもので、おもわずピアノを撫でていました。
鍵盤のホールの状態が変化していましたが、これは80年以上経っている木の変化とは思えないほどの、新しいピアノでの変化のようでした。
環境も大変気を配られており、文句の付け用がありません。

でもピアノは生き物ですからある意味正直です。

しっかりと鍵盤調整と、調律をさせていただきました。

その後Y様がピアノを弾かれた音を聴いて、このピアノのタッチの音になっていると感じました。
お互いが育てているかのようでした。

また、次回の変化を楽しみにしています。
ピアノマラソンご苦労様でした。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/175-d51b0df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オーガスト・フェルスター ただいま新生中vol.4 «  | BLOG TOP |  » ザイラー 親子でレッスン

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク