topimage

オーガスト・フェルスター ただいま新生中vol.4 - 2008.06.18 Wed





ようやく響板割れの修理も終わり、塗料のニスを塗ったところです。

SA290017.jpg


この状態で駒の部分をこぶしで上からドンと叩くと、ボーンという響きが返ってきます。
まだ、塗料も乾いていない状態なので、差し引いてもOKの仕上がりでしょうか。
しかし、最終弦を張って音が出てくるまでわかりません。

80歳の体に新しい部品を入れていくのですから、しっかりとフィットして素晴らしい音が出てくるように次からもしっかりと新生していきます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/176-76cb642a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うたまくらピアノ工房ニュースメール配信しています «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタイン 8 育っていました

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク