topimage

運び屋の神業 - 2008.08.31 Sun





今回も難題と言われたお部屋への搬入の神業をご覧下さい。
お客様のF様はセミコンのピアノをお部屋に入れるのをある運送業者に下見に来てもらい、見積りを取ろうとしたところ、
「お客さん、この部屋に玄関から入れるのは無理ですね。この大きさは入りません。」
と言われ半ば諦めかけていたところへ、お電話いただきました。

「運送屋さんが無理と言っていんですが、本当に無理か荒木さんの知っている業者さんご紹介いただけませんか?」

すぐ、この道の大ベテラン阪神ピアノ運送さんに頼んで下見に行ってもらいました。
「ピアノのフタを取って、少しでも薄くすれば入りますよ。」
とのご回答。
お客様は大喜び!

決め手は型紙でした。
このピアノの型紙を持っていかれてしっかりとシミュレーションした結果だそうです。

以下写真はその時の実況です。
DSCN5121.jpg
トラックから223cmのピアノを出します。

DSCN5122.jpg
玄関から入り、

DSCN5124.jpg
写真を撮っているこの角度しか入らない状況を

DSCN5125.jpg
スルスルッと慎重に滑らせ、

DSCN5126.jpg
お部屋に入り、

DSCN5130.jpg
入れるときに外した天屋根を取付け、

DSCN5132.jpg
セッティングして完成です。

ものの1時間ちょっとで仕上げました。
さすがの一言。
そして無駄が無い動きのスムーズさと仕事がきれいなことは、いろんなことにも繋がるなと、感心しきりでした。

お疲れさまでした。
次は私の番です。

● COMMENT ●

Re: 運び屋の神業

すごい!!!
写真でも、ものすごいという事がよくわかります。
何事でも、どんな仕事でも、その道のプロというのがありますね。それがどんな事ででも、実力で、そこに(その人に)任せれば絶対安心という信頼感があれば、強いです。
素晴らしいです。拍手、拍手、拍手!

Re: 運び屋の神業

師匠が言ってました。仕事のできる人は仕事がきれい、ということ。
段取りも全てがきれいに流れるようにですね。
なかなかできることではないですが、心がけています。
見ている人は見ていますからね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/203-5daff68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第19回武生国際音楽祭 今日から開幕 «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタイン 136cm

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク