topimage

オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編 - 2008.10.01 Wed





オーガストのアップをすっかり怠っていました。
忘れていたわけではありません。
いろいろと仕事が重なっているので、忘れられないようにアップしていきます。

アクション修理に入り、オーバーホールの詰めに入ってきました。
80年前のメッキが剥げてしまっている部分をメッキを剥がし、本来の鉄の輝きを出すために磨き上げました。
DSCN5059.jpg

DSCN5058.jpg

メッキの下で錆びた錆を落とすためにメッキを剥がし、表面が荒れた部分を細かいヤスリで磨き上げていきます。
磨き上げることで錆びにくくなります。

ここはブラケットと言ってアクションの骨組みで、本体とアクションを固定する部分です。
今ではこの部分が鉄ではなくアルミになっているメーカーがほとんどです。
こういう良い部分をずっと残していきたいと思っています。

● COMMENT ●

Re: オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編

現代の楽器はいろんな新しい素材を取り入れている傾向がありますよね。
でも数十年後はどう変化しているかは判らない部分もあるかも。
プラスティックにしてもモノによりますがコッパ微塵になるのさえ解ってなかったですから。

海外の有名メーカーの素材は昔から素晴らしいので、今でも現役で活躍出来ているとは思いますが、
きっと完璧でなかった部分も有るのではないかと・・・。

そんなこと書けませんかねぇ~。(笑)

昔のヤマハもキーバックレールフェルトが溶ける素材だったり、鍵盤小口が変色したり、バットスプリングコードが切れまくってしまったりとね。v-16

Re: オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編

有名メーカーもいろいろ変わってますよ。樹脂になったり、マイナスネジがプラスネジになったり、本皮が、人工になったり、、、いろいろと。
昔の良い部分は伝えていかなければと思っています。
本来のピアノの音はこうなんだと!

Re: オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編

なるほど「本来のピアノの音」か。
なかなか深い言葉ですね。
いつまでもこだわり続けたいですよね。
どんな仕事でも。

ところで来年2009年でピアノが生まれて300年ですね。
クリストフォリのイタリアや、ヨーロッパ各地とかでそれなりのイベントなど有るのでしょうか?
また国内楽器メーカーや楽器店、『うたまくら』さんでも何か考えておられるのでしょうか?

現在ワタクシ、立場的に楽器業界の裏事情には疎いので・・・。(笑)

Re: オーガスト・フェルスター ただいま新生中Vol.7 アクション編

1709年というのは間違いです、と言っている団体があるそうです。よく調べるとそれよりも前にできているとかいないとか。
今のところイベントは目の前のことで精一杯なので、来年のことはまだ考えられていません。
子供向けの企画を行う予定です。
ピアノってどんな楽器?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/212-d59c29cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベヒシュタイン トロピカル仕様 隠れた技Vol.1 «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタイン B 1971年製 オーバーホールVol.1

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク