topimage

ピアノ弾き語録 Vol.7 ピアノから教えてもらった - 2008.11.25 Tue





今日伺ったのは100年前のベヒシュタインをお持ちのO様。
このピアノと出会って数年、「このピアノに教えられた」とおっしゃってくださいました。
DSCN5369.jpg

ご主人がトロンボーン奏者、ご本人はピアニスト。
二つの地下の練習、レッスン室を壁を取り払って、一つの大きなお部屋にされ、音響、防音にこだわられた作りの中にベヒシュタインとトローンボーンが置かれています。

毎回伺って、この修理をしたベヒシュタインと会話しながらの作業です。
ピアノを見ていると、弾かれている人の普段が見えてきます。
どんな曲をどんな感じで弾かれているのか。

ご本人曰くこのピアノと出会って、よく音を聴きピアノを感じるようになったということと、その時代時代のピアノの良さが少しずつわかるようになったとのこと。

ピアノに教えてもらうということはこのことだと思いました。
環境づくりも大切で、その環境が基準となっていくのだと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/226-8f983075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野路菊って知っていますか? «  | BLOG TOP |  » ピアノ弾き語録 Vol.6 線が細い!

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク