topimage

今年もよろしくお願い致します。 - 2009.01.03 Sat





2009年が明けました。

今年もいろんな方、いろんなピアノとの出会いを期待して綴っていきたいと思います。

コンサートの中で使われるピアノはある意味特殊空間ですが、そこでは演奏者が最高のパフォーマンスを発揮できるようにするための準備作業です。(コンサートもピンきりですが)

一般家庭のピアノはそれぞれの歴史、思い出があるので、その思いを十分感じての作業です。そして、どうしたらより良い環境で弾いていただけるかのアドバイザーになれるように引き出しを広げたいと思います。

修理ピアノ、これはそのピアノの良さを発揮できるように、何を修理し、何を残し、何を表現できるのかをピアノから感じての作業です。次の世代に渡すことができるように、そういうスパンで考えて作業したいと思います。


世界のいろんなピアノからいろんなエッセンスをもらい、いろんな方々からピアノとのかかわりを感じてできるよう、今年もどうぞよろしくお願い致します。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/235-32a7e359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国産中古グランドピアノフェア開催 その魅力Vol.1 «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタイン B 1971年製 オーバーホール Vol.5

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク