topimage

生まれ変わりますヤマハC7 Vol.2 - 2009.03.31 Tue





お預かりしているヤマハC7のオーバーホールが始まりました。

P3240055.jpg

作業内容は全弦交換、ハンマー交換、それに伴う整調、整音ほかです。


P3300085.jpg

外装の分解から、錆び付いている弦を外していきます。


P3300086.jpg

そして、鉄骨を降ろしてわかったことは、この時代のヤマハは響板のふちに特に鉄骨の乗っているカーブした側に黒の塗料を塗っています。
それは鉄骨と側板の隙間が黒くなっているということになります。

この隙間は時代で、メーカーでいろんなことをしてあります。
・毛虫みたいなリボンをぐるっと貼付ける。
・黒く塗る
・全く白木のままにする

このヤマハの塗料が実はくせ者でした。
響板のニスと、黒の塗料が分離して黒の塗料が剥がれてきて、浮き、割れて、響板の上に落ちて、それがビリビリと雑音の原因になるのです。

ご覧のように刃物で剥がすとペキペキといとも簡単に剥がれます。
しっかりとふちの塗料を剥がしました。


P3300088.jpg

もう一つ見つけてしまった修理
響板と響棒の剥がれ。
隙間にサンドペーパーを入れてみるとかなりの隙間でした。
ちょうど木の板と板が貼り合わさっているところが盛り上がり、響棒から剥がれてしまいました。
これもしっかり直さなくては。


P3300089.jpg

修理は新品以上の仕上げができるので、今からどんな音に仕上がるか楽しみです。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/259-8e161245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生まれ変わりますヤマハC7 Vol.3 鉄骨 ハンマー «  | BLOG TOP |  » 緊急事態!鍵盤が動かない!

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク