topimage

スタインウェイ 修理納品後は - 2009.06.10 Wed

ただ今関東のお客様まわりをしている最中です。
先月ある意味重症だったI様のスタインウェイ修理を終え、東京に移動したピアノを今日1ヶ月ぶりに見ることができました。

IMG_0008.jpg

今日調律をして驚きました。





鳴っている!

IMG_0007.jpg

当たり前なんですが、鳴るように修理をしたから当然なんですが、ボディーが元気な音を出しているではありませんか。
今まで、あまり弾かれずに眠っていたところを、さぁ起きなさい!と叩き起こしたわけではありませんが、楽器が自然と鳴り出していたのです。
修理したてはあまりパッと鳴らないものなんですが、時間をかけて弾き込んでいけば楽器が反応してきます。

やはりピアノは弾かれてピアノなんだと思った次第です。


修理中、娘さんS様のことが書かれているお父様の感動的な手紙をいただいてから、お会いできるのを楽しみにしていました。
ピアノ同様素敵な方で、ベルギーのお話、関西のお話、子どもさんのお話。
またこういう方といっしょにピアノが使われていくと思うと、ピアノも本当に幸せだと思います。

ピアノが素敵なのは当然のことながら、こういう出会いがあるこの仕事が大好きです。
最大の魅力です。

これから、梅雨の季節、湿度管理は大切に!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/279-4fa42779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1年の成長 と グロトリアン «  | BLOG TOP |  » リサイクルチェアー 完成!

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク