topimage

自己満足の怖さ - 2008.03.13 Thu

やっと、グロトリアン-シュタインヴェッヒの修理が終わりました。
そこで完成したものを今度の楽器企画に出すために、最終確認も含めて歌枕に弾いてもらいました。
まず、返ってきた言葉が「これだったら普通。楽器から湧き出るものが無い!」

正直ショックでした。
「普通」という言葉が一番こたえます。
ここは普通ではない、と思っています。
でも冷静になって考えてみると、

1.最初のひどい状態からここまで復活させたという、自己満足
2.とにかくある程度鳴るようにした整音技術としての、自己満足
3.外観がきれいになったことでの、ピアノ全部がきれいになったという、自己満足、錯覚
4.忙しい毎日の中で時間を作って、一生懸命やったという、自己満足

いつもこういう風に歌枕の一言で、最終段階でハッと振り返らさせてもらえるのです。

1.よく考えてみると、アクションの動きや鍵盤がスムーズに動くことは当たり前。今ひとつ機敏でない。
2.よく考えてみると、グロトリアンの特徴である、柔らかくても透き通る音が出ていない。
3.よく考えてみると、きれいになっても、34年は経っているピアノ。中の状態を改めて冷静に見ると微調整が必要なところがいっぱい。
4.忙しさに関係なく、自分の中での基準をクリヤーしていれば満足していただけたものを、忙しさということで出来具合を差し引いていました。



技術者、職人が陥りやすいこと、自己満足。
もしくは妥協。



この助言をもらえることはどれだけ大切なことかが、いつも身にしみています。
言われなくても早くできるようにならねば。


再度言われたことの確認と、もう一度このピアノから光るものを発揮できるかを考え、再度作業したら、どんどん良くなる法華の太鼓。(これも自己満足?)
とにかく今の段階での最良を出しました。


展示販売楽器でチェックして、
http://www.utamakura.co.jp/piano/tenji/tenjigaki.html

是非弾きに来てください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/28-954b9f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

応援したくなる広島の先生とボストン «  | BLOG TOP |  » お役に立ちました?

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク