topimage

無事、煌めきコンサート終了! - 2009.07.22 Wed

2日間に渡り、無事コンサートを終えることができありがとうございました。
P7200005.jpg
遠くは埼玉、静岡、名古屋、そして、地元大阪と天気の悪い中、お越しいただきました。
それぞれのピアノの特徴が、選曲によってクローズアップされたと思います。

タローネ
グロトリアン
オーガスト・フェルスター
ベヒシュタイン
ペトロフ

そして、この写真、実はピアノの下に子供さんが潜っているのです。






P7200006.jpg
グランドの響きは下に出て、それを体全体に感じるようにと、子供さん限定で潜っていただきました。
音のシャワーです。


P7200018.jpg
見てくださいこの近さ!!!
息づかいまで伝わってきます。
この近距離ならではの贅沢なコンサートです。


コンサートは、それぞれのピアノをピアノに合った選曲で演奏して、後半には究極の空間、うたまくら茶論に移っていただきました。

P7200025.jpg


今年はピアノの生誕300年の記念の年です。
でもそのピアノができるまでは歴史的な鍵盤楽器があり、それらがうたまくら茶論におかれています。
簡単に歴史のお話でした。

P7200037.jpg
P7200040.jpg

最後はお茶を飲みながらのコンサートです。
ピアノの燭台にろうそくを灯し、その明かりで、120年前のベヒシュタインを聴いていただきました。

あっという間のコンサートですが、これらの楽器を準備する大変さはさておき、皆さんが「よかった!」と言ってくださると、疲れも吹っ飛びます。



全てが終わって、最後のおまけは、ピアノの下に潜った男の子、帰りにすごいリクエストをしてくれました。
「ピアノをバラバラにして!」
突然なにを言い出すかと思ったら。
でもおやすい御用!
ふたを外し、アクションを外し、鍵盤を外し、、、
何度も目を丸くしてくれました。
この刺激でピアノのレッスンを続けてね!



また、次回は11月の予定です。
是非お越しいただけたら嬉しいです。

● COMMENT ●

リクエストは、もしかして…

有難うございました。大変、楽しかったです。
「ピアノをバラバラにして!」のリクエストは、もしかしてH君?すごいですね。
H君は、いつもレッスン後、弟と一緒に「ピアノの中が見たい!」とリクエストがあります。二人仲良く(?)イスに上り、上から中を覗き込みます。
私がピアノを弾き、中でハンマー?などが動くのが面白いそうです。
豆技術者誕生するかも………。

とても楽しかったです。

演奏もお料理も何もかもすばらしい演奏会でした。
また参加したいと思っております。
そのときはよろしくお願いいたします。

ちびっ子ブラザーズの行動は非常に微笑ましいものでした。
荒木さんのちびっ子向けの説明でピアノの構造が
以前よりよーくわかりました。
私はタローネとオーガストの間に座り込んで説明を聞いていたので
オーガストを使った説明を見ながらタローネの下に潜り込んで
試弾なさっていた方の演奏を体感しておりました。。
とにかく贅沢な企画だったとつくづく感じ入りました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: リクエストは、もしかして…

お越しいただきましてありがとうございました。
ランチもいかがだったでしょうか。
これぞうたまくら!という企画の一つです。
「ピアノをバラバラにして!」のリクエストは、「やって、と言ったらやってくれるよと、先生が言ってた。」とアピールしていました。
次回はグランドピアノを見せてあげると、約束しました。

Re: とても楽しかったです。

お越しいただいてありがとうございました。
うたまくらを堪能して頂いて嬉しい限りです。
ピアノがピアノだけに終わらない、音楽、芸術、文化それぞれが絡み合って、一つの時間を作っていると思いますので、これからもこのコンサートは4ヶ月に一回行っていきますので、またぜひお越し下さい。
お待ちしています!

子ども向けの企画も行っていますので、そのときにお声かけましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 次回のお日にち

ぴあのふぉるてさん
コメントありがとうございました。
気がつくのが遅く返事が今になってしまいました。
すみません。

次回の煌めきピアノコンサートは11月2日(月)3日(火・祝)になります。
時間はまだ未定です。
是非ともお誘いの上お越しいただければ嬉しいです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/289-18b8b6e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アトラスの最高機種 修理です «  | BLOG TOP |  » デザイン・バイ・スタインウェイ エセックス

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク