topimage

それ本当ですか? - 2009.12.15 Tue

関東方面の仕事から帰ってきて、今日伺ったお客様と先日伺った東京のピアノの先生の話がかぶったので、びっくりしてしまいました。

関東と関西という地域差はあると思います。
ましてや他の地域ではこんなことがありえるのかと、調査したいくらいです。

東京のピアノの先生のお話。
子供さんを教室で30人ぐらい教えられているそうです。
その子供さん、誰一人としてピアノを持っていないとのこと。
ピアノの代わりはデジタルピアノ。
調律の紹介が無いのを、「ここは東京の真ん中で、地域的にピアノが少ないところかもしれません。」と言われています。

そこで、先生は生徒さんにまず教室のピアノでレッスンをする時、最初に言うことがあるそうです。
それは、





「このグランドピアノにはコンセントが付いていませんよ。」
と言われ、生徒さんがピアノの周りを一周して確認するそうです。
そしてコンセントが無いことに対してすごく不思議がるそうです。
「どこから音が出てくるの?どうやってスイッチを切るの?」

この話を聞いて、愕然としてしまいました。
もちろんそこから生の楽器、アコースティックの良さを教えられるそうですが、昔と出発点が違うということを認識しました。
ふだんピアノしか触っていない私にとっては、大変ショッキングなことでした。

そして今日(関西)、小学生のお子さんをお持ちの方のお宅へ調律へ行きました。
すると、幼稚園ではピアノが無く、デジタルピアノで何でもこなし、小学校では3年生まで、音楽は自分の教室なので、その教室の電子オルガンで習っていて、4年生からやっと音楽室のピアノの音が聞けるとのこと。
そのピアノの音も狂っていて、大変なんです、と言われていました。

ピアノは大きく、高価で、なおかつ調律などの経費がかかり、どんな場所にも置けない楽器です。
でも本物のピアノを知る前に、電子の偽ピアノを先に知って、それが基準となっている今の子供達。
全て本物を知るということは不可能ですが、せめて五感に訴える教育では生の物を聞いてもらいたいと思いますが、難しいことなのでしょうか。

また、これらは地域差があることなのでしょうか。
ピアノがあるという環境は特別なことだったのでしょうか。

ここ数日考えてしまい、眠れそうにありません。

● COMMENT ●

地域差というより

今の親世代がピアノ買ってもらって習い始めたけど
すぐやめちゃった、だからわが子に習わせるに当たっては
電子ピアノで様子見しようと考えてるように見受けられます。
ピアノの先生の指導法が進歩してないから
アコースティックピアノでピアノを習う環境が
未だにないのではないかと。
ピアノが上手に引ける=教えられると考えている
先生ばかりで習う方としては先生探しが大変です。
この先生に習いたいな、と思っても
遠方で通うのが大変であきらめたことがあります。

なんだか上手くまとまらない文章ですいません。

違う楽器

違う楽器としてとらえなければいけないのかもしれませんね。
ただ、ピアノ業界としては自分の首を自分で締めて行ったと言われています。
ピアノメーカーが真っ先に作って行ったデジタルピアノですから。

時代

時代の流れと言ってしまえば一言ですが…。
悲しい限りです。

エレキギターが世に出た頃ってどうだったのでしょうかね。
このまま同じモノとして普及していくのか、はたまた違うジャンルとして普及していくのか。

僕がバイトしてコロンビアの電子ピアノを買い、ピアノを習いだしたのはかれこれ20年も前になります。ハタチでした。
そのときですら出荷台数は電子ピアノの方が多かったと聞きいています。
もちろん「ピアノ」が欲しかったのですが、学生にとっては高価だし置くとこもなく夜しか弾けないので「ピアノ」は諦めました。
それでもそれなりに楽しく学びました。

それからずーっと「ピアノ」が欲しかったのですが、安い中古だとしても一度買った「ピアノ」を手放したくもないし、予算はさらに限られるし引越しもあるしなどなど。
5年前にやっーとB211を買いました。
一生(孫の代まで?)の宝物だと思っています。

息子(1歳4ヶ月)は、うれしそうに僕の愛器をじゃかじゃか弾きます(笑)。
最近は鍵盤をなめなくなりました。
フォルテッシモは僕より上手いでしょう。
息子には本物の音を知って育って欲しいと思っています。
でも、電子ピアノもじゃかじゃかうれしそうに弾くんですよ、音が変えられるから(笑)。

今の家庭環境を考えれば電子ピアノが普及するのは無理ないでしょうね。兄の家(横浜)も娘にオルガン→電子ピアノでずっとピアノ習わせてます。最近になってその兄が「グランドピアノ」ってすごいな!音大きく弾いたりちいさく弾いたり出来るんだなって感心してました…。
今まで何を習わせていたんだろう…。
うちのスタインウェイを弾かせてやってくれと言っておきました。

家電と楽器、全くの別物です。
うたまくらさん、これからも少しでも楽器の良さを世に広めていってください。
陰ながら応援しております。

常々思っていたことだったので長くなりました。

Re: 時代

ピアノの回りでのご家族の様子が何とも言えず、微笑ましく嬉しくなってしまいます。
そして、しっかりとしたメッセージをありがとうございました。
私も全く同感です。

うまく住み分けていかなければいけない時代だからこそ、私の使命があると、あらためて気づかせて頂き感謝いたします。
本物のピアノと本物の技術を伝え続けて行きたいと思います。

楽音・騒音・・・・・鑑賞・殺人

ピアノ。生の楽器はすばらしいです。
 それを、 楽 音 として 聞くならばです。
音楽の 鑑 賞 でしょう。

 もうすでに、むかし という表現になるのでしょうか?
ピアノの 騒 音 で、 殺 人 事 件 が ありました。

 いまは ボリュームのある。と言うより 消音でき、振動もなく、場所をとらない。モノでなければ、「いのち」が危ない。

 正直言うと、寂しい。悲しい世の中です。
我が家は、幸い「苦情」はありませんが、・・・・・・・
 

Re: 楽音・騒音・・・・・鑑賞・殺人

たしかにピアノ殺人があったのを覚えています。
その時代はピアノ教育、環境というのが熟成していなかった時代だと思います。
今が熟成しているとは思いませんが、楽音が、雑音と聞こえてしまうのは悲しいことです。
少なからず、私たち調律師の考えで変えることができると思っています。
どういうアドバイスが知識的、技術的にできるかです。
そして説得できるかだと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/337-510334c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リサイタルの仕事 «  | BLOG TOP |  » ママさん調律師がんばれ!

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク