topimage

スタインウェイ アップライト修理 - 2010.01.11 Mon

100年前のスタインウェイのアップライトのアクション、鍵盤の修理を依頼されました。
これがまた、大変で、修理の修理となっています。
100年も経っていると、どこかの時代に誰かが修理をなにかしら行っています。

その修理がまた中途半端で、修理したところからまた悪くなっている状況です。IMG_0095.jpg
この時代のアクションは大変珍しく、ハンマーとダンパーがつながっています。
ハンマーの方が普通プレートでつながっているのが、これはダンパーがプレートになっています。
写真↓





IMG_0093.jpg
ダンパーアッセンブリー
真ん中に見える金属がプレートです。
このプレートでセンターピンを挟んでいます。

そして修理の箇所はまだらに見える白いクロスです。
張り替えているところが一番消耗しています。
これは本当なら全体を張り替えてタッチをそろえるのですが、目の届くところのみ、という感じです。

IMG_0098.jpg

面白い工夫もあります。
マイナスのネジを回すのに、邪魔にならないように小さいスプーンをカーブして付けています。
今ではこれらは全てまっすぐで、ネジの上にきているのですが、この工夫が作業のやりやすさにものすごくつながっているのは事実です。

それにしてもいろんなところの汚れ、錆、手間がかかりそうな修理です。

● COMMENT ●

ご訪問ありがとうございました~!

100年前のスタンウェイ、どんな音がするのでしょうか。
材質は昔のもののほうがいいという話もあるので
ちゃんと修理さえすれば、とてもいい音になるんでしょうね。
ベーゼンのアップライトはグランドピアノの音
ってベーゼンのHPで宣伝していましたが
スタンウェイもそうなのかしら?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/342-d26b0e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカンピアノフェア 1 «  | BLOG TOP |  » 新年明けましておめでとうございます

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク