topimage

スタインウェイがバラバラ! - 2010.03.04 Thu

IMG_0117.jpg
この年度末の時期、いろんなホールのピアノの点検が増えてきます。
ふだんコンサートなどの調律のときにできない仕事が、山ほどある中、2日間かけてこれでもかという形にバラして、掃除、ピン磨きから調整していきます。
最後には寸法的に0.01mmという精度での仕上げを行っていき、感覚的には音色を揃えていって、これから1年の演奏会に使われていきます。

ピアノは消耗品!?





ご存知のようにピアノは木の部品以外のいろんな材料でできています。
この写真のピアノもそろそろ20年が経とうとしています。

20年間弾き続けるといろんなところが消耗していきます。
ボディーはだんだん鳴ってきて、消耗する部分と良くなっていく部分とが反比例していきます。
特にフェルト、クロスなどの繊維のものは消耗が早く、ふだん使用している状態にもよりますが、これらの点検により、どれだけ消耗を遅らせるかも一つの技術です。

IMG_0121.jpg

また、アクションという機械部分の動きも、きめ細かくチェックしていきます。
この写真は動きの悪い部品をピックアップして、他の部品と同じようにスムーズになるよう、部品の交換または、調整します。
ふだん締めることの無いネジ類もこの機会にしっかりと増締めします。
ピアノの下に潜り込み、裏のネジまでも!

モニターに映ったりしているのですが、見る人が見たら、ピアノの下に寝転んで昼寝しているのでは、と思われてもおかしくない格好です。

IMG_0119.jpg
消耗していくハンマーと格闘しながら、また一年良い音を出してくれるよう気持ちを込めます。
常に最高の状態を要求される場面で、それに応えられるよう地道な作業が必要なのです。

最後は指紋を拭いてピアノ庫へ。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/349-1cb1b60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1年1曲 «  | BLOG TOP |  » ベヒシュタインの秘密と倍音のお話

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク