topimage

ベヒシュタインの秘密 倍音のお話 - 2010.03.25 Thu

DSC06459_convert_20100324233642.jpg
午前中の煌めきコンサートからランチを挟んで、午後の企画に突入です。
これもうたまくらならではの企画です。
ベヒシュタインのグランドを使い、工房のそれぞれのピアノを使っての企画です。
大きさ、年代、お国がそれぞれ違い、これらを使わない手はありません。

技術者の方、ピアノ愛好家、ベヒシュタインを既にお持ちの方、それぞれいろんなところ、遠くからからお越しいただきありがとうございました。





DSC06465_convert_20100324233931.jpg
東西ドイツが分断されていた時代のベヒシュタイン。
戦前から受け継がれてきた技術をしっかりと継承してきています。
その特徴を説明させていただき、ベヒシュタイントーンの秘密に迫っていきます。



DSC06478_convert_20100324234247.jpg
戦前のベヒシュタインの製造工程の映像を見ていただき、当時のベルリンを見ていただき、世界を引っ張っていった都市を感じていただきました。
戦争で焼け野原になって、工場も焼けてしまったと聞いている中、よくこういう映像が残っていたなと思います。
製造工程などは私が工場に行っていた、20年前でも機械化はあったにせよ、やり方はあまり変わっていないように見えます。

DSC06489_convert_20100324234505.jpg
そして、ベヒシュタインの特徴でもある「木の響き」
これらの秘密は倍音にも関係しています。
心地良い響き、金属的な響き、ピアノの大きさ、種類の違いでもちろん「倍音」も違います。
それを目で見ていただき、自分の感覚と照らし合わせていただきました。

良い、悪い、好き、嫌い どんな倍音だったのでしょうか。

また、詳しくはレポートを作成してホームページでアップしますので、それもお楽しみにしてください。
みなさんの感想も頂いていますので、そのときの熱気も伝わればと思います。

次回は7/19(月/祝)予定しています。
内容は未定ですが、何かご希望があれば考えます!

● COMMENT ●

とても楽しそうな企画ですね。
今回はたまたま遠方からの来客との予定と重なってしまい、泣く泣く参加できませんでしたが、またベヒシュタインの企画があれば参加してみたいです。所有するピアノの事を知る事はとても有意義だと思います。
今後も素晴らしい活動を期待しております!

Re: タイトルなし

Kさん
是非機会があればお越し下さい。
今回もいろんな地域、職業の方がいらっしゃいましたが、皆さんの共通はピアノが大好き、ベヒシュタインを知りたーい、でした。

次回は子供さん向けも考えてみようかしら。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/353-d8aa03e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

企画レポート作成しました «  | BLOG TOP |  » 煌めきピアノコンサート 終了!

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク