topimage

40歳のヤマハG3 8 納品完成 - 2010.08.21 Sat

先ほど一日かけて、K様のピアノを調整して帰ってきました。
P82100011.jpg


工房で、交換修理を行ったアクションを運び、後はピアノ本体への組み込みと、音色の調整です。
これからが一番おもしろい所になります。
今までは本体から離れていましたので、音は想像だけの世界です。
それが調整していくにつれてだんだんとしっかりとした音になり、輪郭になり、発音になって行く過程がおもしろいのです。

ただし、部品の交換というのはある意味人間で言うと手術のようなもので、体の中に新しい部品が取り付けられているので、それが馴染むまで時間がかかります。
ピアノのそれは、フェルトであり、木であり、どんどん変化していきます。

ですから、今日より、次回の調整が大事かもしれません。






ダンパーフェルトを交換したため、それらを定位置に取り付けるべく数時間の調整に入ります。
ダンパーは、動きが目で見え、止音が音で聴こえるため大変重要です。
これらをしっかりと調整しているピアノに出会ったことがありません。

そして、アクションの整調です。
K様がずっと横でご覧になっており、色んな質問をしてくださいました。
こういう作業を実際に見ないと出てこない質門ばかりです。
「その調整は何の調整ですか?」
「それを動かすとどう変わりますか?」
など、調律時以外は口を動かしても大丈夫なので、お話しながらの作業でした。

白鍵と黒鍵の張替えで、触る感触を一番気にされていらしたK様。
大変気に入っていただいて、逆に触れば触るほど昔から付いていたかのようなしっくりとくる感触を得られたそうです。

最終の音作りのほうはハンマーの質が良いせいか、さほど苦労もせず、きれいな音を奏でてくれました。

最後に外装を閉めるまで気を抜いてはいけません。
案の定、鍵盤が引っかかっていました。
それらを直して、ようやく出来上がり。

修理しなければ、あきらめて処分、買い替えの道へと思い出のピアノがたどったであろうところを、今まで以上の状態に仕上げ、最後の最後まで思い出を作っていってもらえるピアノになりました。
P82100022.jpg

人と人をつなげる仕事でもあり、そこから音楽を生みだす仕事でもあります。

さて、次回の再会でどのように変身しているか、楽しみです。

● COMMENT ●

生まれ変わったピアノ♪

購入時より、素晴らしく生まれ変わったピアノに感動しています。

今日も一日、長時間、私の質問に丁寧に説明して下さりながらの
調整、ありがとうございました。
40年一度も調整されなかった所が、すごく重要な大切な調整で
びっくりでした(@_@;)

音色も生まれ変わり、音の幅も広がり、本当に嬉しいです。ありがとうございました。 
これからも、よろしくお願い致します。

Re: 生まれ変わったピアノ♪

すべてが生まれ変わっていませんが、生まれ変わったピアノでこれからのレッスンを楽しんでください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/388-a8eb8736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

撤去!サイレント 1. «  | BLOG TOP |  » 40歳のヤマハG3 7工房作業ラスト

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク