topimage

図書館のピアノがバラバラ?! 武生国際音楽祭2010Vol.1 - 2010.09.05 Sun

今日から福井県の越前市(旧武生市)で国際音楽祭です。
本来オープニングということで、出演者みなさんのコンサートがある日なのですが、オープニング前のオープニングということで、親子のミニミニコンサートがあり、急遽そこでピアノをバラバラにするという展開になり、出演者となってしまいました。

ピアノの壊し屋さん、いえいえピアノのお医者さんという紹介でした。
027.jpg


ここは図書館。
この勉強ルームにアップライトが置かれています。
ここで親子で楽しめるピアノのコンサートが行われました。
アップライトは木の板で囲まれているため、音がダイレクトに届きません。
曲を弾くごとに一つ一つの板が外されていきました。

そして、最後は音が鳴る機械部分のアクションを取ってしまいます。






037.jpg
アクションを外して客席まで見せに行きます。
ここで鍵盤を叩いても音は鳴りません。


050.jpg
そして、響板がむき出しになったピアノにオルゴールをあてます。
オルゴールだけだと、小さな音なので、耳をすませます。
次にオルゴールを響板にあてると小さなメロディーが大きな音となって、流れました。
これにはお母さんもびっくり。

056.jpg
最後にピアノの裏に回って、弾いている最中に響板を触ってもらいます。
これには大人も子供も60人ぐらい並んで「うわ~、響いてる~!」
「電気の部品はひとつもはいっていませんよー!。これがピアノですよー。」とピアニストの中川さんが大きな声でおはなしくださいました。

ほんの1時間の内容の濃いコンサートでした。

数時間後には大ホールで、この一週間続く音楽祭のテーマ「フランス音楽」で幕が開きました。
また別のテンションでの一週間です。

● COMMENT ●

図書館でコンサート

お疲れ様です。図書館でコンサート、しかも素敵な催しですね。
きっと、子供さん方、お母様も初めての経験で、ピアノに対してももっと身近に感じられたのではないでしょうか。
荒木さんでなければ、出来ない事だと思います。
さすがです。

Re: 図書館でコンサート

妹尾様
いえいえ、考えたのは主催者なのでそれに乗っかっただけです。
でも、ピアノの不思議さと楽しさは伝わったと思います。ヒントもいっぱいもらったので、次回試そーっと。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/392-1b8c91d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピアノリサイタル 武生国際音楽祭2010 Vol.2 «  | BLOG TOP |  » 先生のピアノがバラバラ!?

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク