topimage

現在の現代音楽事情 武生国際音楽祭2010 Vol.3 - 2010.09.09 Thu

「現代音楽」私にはなかなか理解しにくい音楽で詳しくはわかりませんが、今まさに行こなわれている音楽をちょっとだけご紹介。

P9080011.jpg
ピアノという楽器が、音程のある、いろんな楽音(がくおん)以外の音(つまり雑音)が出せる楽器として使われています。
この写真からもわかるように、そうか、ハンマーで叩かれてしまうのかと、かなりショックでした。
最初は木槌で叩いていいか、というとんでもない要求でしたが、招待作曲家(フランス人)とすれば自分の表現したいものを出すためには、妥協できない、というところはわかりますが、壊れる(かもしれない)ということになると譲れません。






お互いの主張ばかりでは先へ進まないので、妥協ラインを作曲者、調律師、ホール担当の三者で行ない、ゴムハンマーでならなんとかいけるかもということで実験を行ない、当日叩くということになりました。
しかし、ゴムハンマーをホームセンターで買って渡したとき、「これですべての日本のホールのピアノがOKだと間違わないでくださいね。」と念押ししました。

「わぉ!すばらしい、こういうのがあったのか!感謝します!」と握手されました。

日本以外の国ではかなり寛大で、こういう事に対しても、好意的に受け入れられているようです。
これらの効果は、ペダルを踏んで弦が開放されている状態で、鉄骨を叩くと「ド~ン~~~~~。」と余韻が残り大変面白い響きです。
よく鉄骨の鳴りを確かめる時に、げんこつで叩くときの音に似ていました。
P9080010.jpg

実際にはかなり効果の面白い響きで、見ている人、聞いている人の注目を集めていたと思います。

P9080014.jpg

P9080019.jpg
白い発泡スチロールを重ねてこすりあわせて音を出しています。

これも音楽になるのか、、、。



バスクラリネットはマウスピースを付けない状態で息だけを吹き込み、ベルはドラの近くに持って行き、ドラの響きも楽しむということになっています。



普通の編成で、おこなわれる現代曲も数多くあります。
1オクターブを24分割した音楽も出てきました。

今日登場した作曲家の方々は世界的に活躍されている方々ばかりで、その最前線の音楽を聞いたことになりますが、これらが50年後100年後に残っているか、楽しみです。(生きていないのでわかりませんが)

P9080005.jpg

今日はいろんな曲と編成があり、出演者も多く、バナナが飛ぶように食べられていました。

● COMMENT ●

家の姫ではだめです!!

現代音楽…私にとっても難解なジャンルです。
ピアノを・・・ハンマーで叩いちゃうんですか。
どんな巨匠の名作であっても、家の姫ではお断りします(^^;)


そうそう!荒木さん雨どころか…嵐(台風)を呼んじゃったようですが…多彩な演奏が繰り広げられるコンサートの連続だけでも「個別対応」が大変そうですが、急な気圧や気候の変化は、楽器には影響しますか?

Re: 家の姫ではだめです!!

Sewingmamaさん
だれだって自分のピアノを叩かれる、叩くのは嫌ですよね。
ホールのピアノだからできるのかもしれませんね。
でもけっこう、叩かれても丈夫なようです、現代のピアノは。

機構の変化によるピアノの状態は本当に刻一刻と変わっていきます。微妙に鳴りが変わったり、ハンマーがずれたりと、微調整が大変です。

でもこれは生の楽器には付きものですね。
それらを想定して作業時間を見ています。

プリペアド?

おはようございます☆
こういうのもプリペアド・ピアノって言うのでしょうか?
もしそうだったら、こういう演奏は何度か聴いたことがあります。

でも、どっちかというと苦手です。。
Sewingmamaさんがおっしゃるように、見ていてピアノが可愛そうになるんです。痛くないのかと・・笑

ブログをリンクさせていただきました☆今後ともよろしくお願いします(^_^)

Re: プリペアド?

ですね。
プリペアド・ピアノって言うのでしょうね。
とにかく現代音楽では何をやっても良いそうです。
それで理解しにくい部分もありますが、同じ作曲仲間でも賛否両論みたいです。

ピアノも過酷な状況に耐えなければいけないので、ほんとかわいそうです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/394-6d816f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裏方事情 武生国際音楽祭2010 Vol.4 «  | BLOG TOP |  » ピアノリサイタル 武生国際音楽祭2010 Vol.2

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク