topimage

裏方事情 武生国際音楽祭2010 Vol.4 - 2010.09.10 Fri

表舞台が多く取り上げられているので、ここで少し裏方さんの仕事をご紹介。
P9080006.jpg

本番中、出番を待つ演奏者を舞台袖で見ています。

この場では、舞台の照明、マイク使用時の音量などすべてこの袖で操作しています。
なんと、この越前市文化センターの方々は皆さん、職員の方々です。
舞台の専門家ではありません。
職員の方々は何でもこなさないといけません。

これらを見ていた私ももちろん調律だけをしているわけにはいきません。






飲み物を出したり、カーテンの開け閉めをしたり、舞台へ椅子、譜面台を出して並べたり。
結局コンサートがうまくいくためには何でもするということです。
P9080008.jpg

また、毎年大学生がインターンシップで音楽祭期間中に、いろんな仕事を経験しに来ます。
そこで単位がもらえるそうです。
この若者も気持ちよく動いていて、音楽祭を成功させるという同じ方向性がうれしいです。

さて、音楽祭という特殊な催しは時間という制限があって無い世界です。
コンサートの時間は決まっている、しかしその用意は開いている時間でやらなければいけない。
次の日の準備は前の日のコンサート後。23時。
P9090014.jpg
オーケストラ用のひな壇を組みます。

P9090010.jpg
その横で調律です。

音楽祭、終盤にさしかかり、あとは体力と気力の勝負です。
あっと、繊細さも忘れずに!

● COMMENT ●

お疲れ様でした。

裏方さんのお仕事って、見てるの面白いと思いますが、見てるのと実際やってみるのではえらい違いですよね。
そうやって、裏と表があって、両方上手くいって初めて、一つのコンサートが成功するのだと思います。
お疲れ様でした。

Re: お疲れ様でした。

あと一日本番が3つあり、終盤になって体力勝負となってきています。
でもみなさんの動きが同じ方向なので、気持よく仕事をさせていただいています。
頑張ります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/395-e01bf507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファイナル 武生国際音楽祭2010 Vol.5 «  | BLOG TOP |  » 現在の現代音楽事情 武生国際音楽祭2010 Vol.3

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク