topimage

シュヴァイツァースタイン 国産 修理 - 2010.10.26 Tue

国産ピアノでも珍しいメーカーでシュヴァイツァースタインの修理をうたまくらでさせていただきました。
IMG_0176.jpg

N様は今は亡きお父様から買ってもらったピアノで、思い出のいっぱい詰まったピアノだそうです。
購入当時、かなり高額だったそうです。
それをもう一度しっかりと鳴らせて、弾いていただけるように修理です。

湿度が高いところでおきる典型的な修理とも言えますが、ヤマハ、カワイ以外の国産メーカーでよくおきるものです。
金属部分のメッキの表面にホコリが付き、固まって、ヤスリ状になってクロス類を削ってしまいます。





IMG_0175.jpg

IMG_0182.jpg
丸い小さいスプーンに汚れがついてザラザラになっています。


IMG_0183.jpg
そのザラザラで削りとってしまったクロスです。
滑りを良くしようと、当時の技術者は黒鉛を塗っていたようです。
真っ黒です。


IMG_0199.jpg
綺麗に張り替えました。


IMG_0104_20101026014627.jpg

IMG_0110_20101026014626.jpg
鍵盤のバランス部です。
ここの赤いクロスも消耗してしまいました。
アイロンを当てて、蒸気で剥がします。

IMG_0129_20101026014625.jpg
ひとつひとつニカワで貼っていきます。
ニカワの最大の特徴は修理がしやすいので早いということと、固まった後、木のように硬化します。
音の響きを伝えやすいですね。


IMG_0211.jpg

IMG_0208.jpg

鍵盤の修理も終わり、アクションも出来上がり、後は現地での調整を待つばかりです。
果たしてどんな音で蘇るか楽しみです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/404-8f023720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

煌めきピアノ終わりましたがこれからがスタート «  | BLOG TOP |  » 熱気のなかのアクションモデル

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク