topimage

ペダルのお話はどんなの? - 1970.01.01 Thu

DSC08459_convert_20101101212807.jpg

ペダルと一言で言っても、何を話していいか的を絞るのが難しです。
今回の感想としては、技術者が当たり前に知っている構造など、皆さんにとっては初めて見るものが多いのだということと、意外と奥深くは知られていないのだと分かりました。

次のバージョンも何かできそうです。

グランドピアノとアップライトを使って、それぞれを分解して、構造の違い、効果の違い、いろいろと体感していただきました。







DSC08460_convert_20101101213111.jpg
調律の時ぐらいしか、中を見る機会がないと思います。
あっても、なにかと聞かない限り、技術者は話さないでしょう。

ペダルの動きがわかって初めて、足先の先で何が起こっているかを感じることができるのではないでしょうか。
集中しすぎて演奏と、ペダルがバラバラになってはいけませんが、単純にペダルがオンかオフではないということをお伝えしたかったので、その部分の伝え方が難しかったです。

演奏者の立場で話すのではなく、あくまでも技術者の目線なので、分かりづらいところもあったと思いますが、これらをとおして、一般家庭の仕事でも活きてくるのではないかと思っています。

遠くは広島からもお越しいただき、雨の中本当にありがとうございました。
詳しいレポートはホームページにアップさせていただきます。
出来上がり次第お知らせいたします。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/406-c4f4c7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » ピアノ工房へ嬉しいお客様

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク