topimage

修理の修理 YAMAHA G2 - 2010.11.10 Wed

T様のピアノの修理を行っています。
しかも、修理の修理。

すでにハンマー交換が行われたピアノですが、いろいろと調子が良くないということで、うかがわせていただきました。
すると、ちょっと首をかしげたくなるような修理が施されていました。
メーカーで修理されたというピアノですが、なぜ、オリジナルの状態をガラっと変える必要があったのかわかりませんが、ヤマハの良さまで消えているピアノになっていました。

そして、鍵盤の重いこと!
この重さでは指を痛めてしまうのでは、と思ったほどです。

アクションをお預かりして、根本的な土台からの見直し修理となりました。
PB100001.jpg

68gのおもりで下がりません。
ハンマーを交換したあとは重さが変わるので、鉛調整を施さなければいけないところを、全くやっておらず、そのせいで、極端に重いタッチのピアノになっていました。







PB100004_20101110234417.jpg

鍵盤を外して、掃除して。
ピン類を磨きます。

PB100015.jpg
そのピン類が刺さっている穴も、きれいに掃除します。
結構な汚れが付いていて、滑りも悪くなっています。


今回の目玉。
PB100010_20101110234416.jpg
しっかりと修理するということがきっかけで、それなら黒鍵を黒檀に変えようということで、手触りも本格的に変更です。
アイロンで温めて、接着剤を柔らかくします。
そして、パコンと外します。
すると、、、

PB100011_20101110234415.jpg

見事にきれいに取れました。

これから、黒檀を接着していきます。
それはまた次回!

● COMMENT ●

G仲間♪

勝手に…G仲間を見つけるとうれしくなります。

修理の修理ですか・・・
Gが作られていた頃のノウハウ(誇り)を持った技術者が
いまのヤマハにはいないということなのでしょうか?
もともとの個性を壊しちゃうのは修理じゃなくて、改悪ですよね。

黒檀ーーーーーーっ!!!
K先生のところで触ってきましたが、いいです・・・v-238

Re: G仲間♪

ただ良い部品を取り付けるだけが修理ではありません。
ピアノに見合った材料で、そのピアノを活かしたものにしないと意味が無いですね。
でもきっと良い音になると思います、このピアノ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/409-a0ee99a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修理の修理 YAMAHA G2 2 «  | BLOG TOP |  » 煌めきピアノコンサート レポート

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク