topimage

修理の修理 YAMAHA G2 4 - 2010.11.18 Thu

今日、納品となりました。
納品までの作業は、、、
PB150011_20101118223200.jpg

ダンパーのフェルトが長くなって、切れだしています。
この状態が続くと、フェルトが弦に触れたままで、音が伸びません。
これをカットしていきます。





この形のフェルトは中音部に使われます。
PB150014_20101118223201.jpg
長年使用したフェルト。

PB150015_20101118223200.jpg
カットしたダンパー

PB150019.jpg
カットした残骸

PB150017.jpg
そして、汚れたワイヤーを磨いて、ダンパーは終了です。


PB150037.jpg
弦溝がついたハンマーをきれいにしていきます。

PB150040.jpg
全体に削って形を整えます。
この削り方で、最後の整音の仕上がりが決まってきます。

PB170004.jpg
アクションが仕上がり、T様宅での調整、調律、整音です。


今回の最大の発見は、レンナーハンマーでした。
なぜかはじめからこのハンマーが付いていたピアノで、その良さが全く出ていなかったピアノでしたが、今回の修理で、基本的な確認ができました。
それはしっかりと調整ができたヤマハのアクションで、レンナーハンマーの音色が自在に表現できたということです。
整音作業で、いろんな音色が生まれてきました。
そして、このG2からヤマハの純正には無い響きが確認できたのです。

これは大きいことでした。
ヤマハの精度の高いアクションからいろんなタッチで変化ある音色が聞けたことは、大きな収穫でした。
自分で褒めすぎて押し付けるのはだめで、弾き手が判断しないといけないのですが、、、。


PB180005.jpg

完成したピアノです。

● COMMENT ●

ありがとうございました

このたびは本当にお世話になりました。
半分あきらめていたこのピアノでしたが、こんなに変わるとは驚きです。弾いていてあまりの違いに、まるで別のピアノのようでした。
これからもよろしくお願いします♪
ありがとうございました!

今年、4台目ですか?

ふぉーどんなヤマハの純正にはない響きなんでしょう…。

今年は、Gの修理の当たり年ですね?!
私つながりだけでも…3台(笑)
でも、同じように荒木さんの魔法の手にかかっても、
K先生の姫、家の姫、Iさんの王子・・・
それぞれに音色や個性は違うから不思議です。
環境と弾き手にもよるのでしょうね。

追伸
もしかしたら近日G3仲間をまたご紹介させていただくかもしれません(^^;)

Re: ありがとうございました

T様
お世話になりました。
これからはT様がこのピアノを育てていくばんですので、よろしくお願いします。
何かあれば是非ご連絡ください。
飛んでいきます!!!

Re: 今年、4台目ですか?

Sewingmama 様

いろんなピアノがあるもんです。
作業が楽しくてしょうがありません。

またご紹介いただけるとのこと、楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/414-c16d9142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴史的鍵盤楽器への招待 レポートアップしました «  | BLOG TOP |  » 修理の修理 YAMAHA G2 3

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク