topimage

ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ - 2011.01.06 Thu

またまた縁があってペトロフのプレップアップの仕事ができました。
今回は、防音工事と同時進行です。
ピアノにとって、防音、音響がいっしょにできるという素晴らしい環境の中での仕事です。

一度納まったピアノからアクションだけをお預かりして、将来長持ちさせるための処理、調整、整音を施す仕事です。
これらをやるかやらないかで、ピアノの寿命が大きく違ってきます。
しかし、ピアノを見てみると、材料は良いものを使用しているのに、いきなり修理に近い内容のことの作業が待ち受けていました。
P1050019.jpg
チェコ製のレンナーアクションです。






P1050008.jpg
いきなり動きが悪く、強制乾燥させて、スムーズな動きを取り戻します。
ハンマーだけでなく、ジャックも含めアクション全体の動きが鈍く、大変重いタッチになっています。
ドライヤーの登場です。

P1050009.jpg
ハンマーのテールの状態も中途半端な仕上げです。
左:オリジナル。筋が斜めに走り、しっかりとハンマーを受け止めてくれません。角度もけっこういい加減です。
右:加工後のテール。ざらつきがしっかり出て、しかもバックチェックに対して、この面が水平に並びます。

P1050014.jpg
右:オリジナル。肉厚がありすぎ、ハンマーの重量が重いため、弾いたときの初動が思い原因です。
左:加工後。肉厚が程良くなり、バックチェックへのくわえもしっかりしました。

P1050016.jpg
切断部の毛羽立ちがキライです。

P1050017.jpg
きれいに散髪しました。


P1050020.jpg
まだまだこのアクションのプレップアップは続きます。

● COMMENT ●

本年もちょくちょくお邪魔させて頂きます。
宜しくお願い致します。
ところで、ふと思ったのですが、
前に演奏者が感覚的に鍵盤が重いと言っていたピアノ、
あれもハンマーが肉厚だったりしたのですか?
(いや、そんなことは無いと思いますけど)

Re: タイトルなし

うさま

こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

ご質問の件ですが、

> 前に演奏者が感覚的に鍵盤が重いと言っていたピアノ、
> あれもハンマーが肉厚だったりしたのですか?
> (いや、そんなことは無いと思いますけど)


そんなことは無いものでした。
今回のペトロフもスタインウェイとほぼ同じ厚みにしています。
重いと言われたのも、スタインウェイで、しかもより軽い材質のものでした。
この物理的な重さとは違うようです。
今だに原因はわかりませんが、、、。

都合があえば修理を見に来てください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/426-fad44c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペトロフ GP これで差が出るプレップアップ2 «  | BLOG TOP |  » 修理の修理 STEINWAY NEWYORK フルコン 4

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク