topimage

ヤマハ C1 サイレント 実は良く鳴るサイレント - 2008.02.01 Fri

仕事柄夜中しかピアノが弾けないということで、ヤマハのサイレントを弾かれているT様。
今日はそのピアノの調整です。

このピアノは普通のピアノに、特にアクション部分にサイレント用の金具が付いているため、通常の調整が面倒になっています。

イメージ 1


このように上から覆いかぶさるように付いているため、アクションが変化している確認もはずさないとわかりません。




はずしてみるとこのように下の黒い部分は結構ずれています。
イメージ 2


等間隔に並んでないといけないものが、間隔ずれてバラバラです。
でもこのような変化は普通で、新しい時期に多くなります。
そこで、その新しい1~2年のときにしっかりとずれた部分を直さないと、ずれたままピアノが固まっていきます。

鍵盤もはずしてピン関係を磨き、おっと、、、基盤は気を付けましょう。
イメージ 3


生ピアノは直せても電子部分は私には全くわかりません。





T様は素晴らしく繊細なタッチの持ち主で、本当に心からきれいな音を出されます。
でも今のピアノを弾きながら、とにかくタッチが重くてと言われていたので、摩擦関係、調整のズレなどを中心に直しました。
例のごとく、物理的な重さはバラつきがあり重いのですが、調整によって弾き心地という意味での弾きやすさは出たのではないかと思います。





T様は小さい頃からピアノがお好きだったようで、ピアノのある友達の家ばかりに遊びにいかれたそうです。
そしてなかなか帰ってこなかったとか。
(お元気なお母様からのお話、楽しかったです)


これからもずっと弾き続けていってください。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/43-d5589162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヤマハ 12号型 世界で一番小さいピアノ? «  | BLOG TOP |  » 広島の大先輩

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク