topimage

グロトリアンーシュタインヴェッヒ 鎌倉 - 2011.08.31 Wed

御縁があって、うたまくらにやってきた新たなグロトリアンーシュタインヴェッヒ
これからしっかりと弾けるように修理をしていきます。
鎌倉のある方から、問い合わせがあり、「もう誰も弾く人がいなくなったピアノです。このまま弾かれずに置いておくのはあまりにもかわいそうで、私たちが元気なうちに次の方への橋渡しができたらと思って、日本中このピアノを良くしてくれるところを探していました。」ということでビビっときたとの事で、ご連絡頂きました。
IMG_0259.jpg

すると、過去に一度しっかりと丁寧な修理をされておられましたが、あいにく年数が経って、悪くなっている部分が出ていたため、新たな修理になりました。
1920年代のグロトリアンーシュタインヴェッヒ。

ピアノの黄金時代と言われていた時のもので、いろんな部材からそれが伝わってきます。

持ち主の叔父さんが調律師で修理をされたとのこと、しかも五木寛之の「ステッセルのピアノ」(文藝春秋社)の本にグロトリアンが登場し、語られているということで、その本も頂きました。





IMG_0261.jpg
ウォールナットの外装で、モデル的に最上級では無いのですが、シンプルなデザインが綺麗です。
外装も一度全部やり直します。

IMG_0258.jpg
写真ではよくわからないのですが、この時代のグロトリアンーシュタインヴェッヒを何台かお世話させていただいたことがありますが、黒鍵上面が凹んでいて、ちょうど指の腹がおさまりやすいように削っています。
次回写真をうまく撮れたときに載せます。


外装の修理をやっていきます。
全て分解です
IMGP0046.jpg
IMGP0049.jpg
昔のピアノは分解もしやすかったのです。
つまり、修理がしやすかった。
修理をすることを前提に作られていた、と言っても過言ではないと思います。
3世代使うわけですから、どこかで修理になることでしょう。
IMGP0044.jpg
IMGP0045.jpg
塗装をはがして綺麗な木目が出ています。
これらにもう一度蘇ってもらいます。

中の修理はボチボチ行って行きます。
次回また発表致します。

● COMMENT ●

ビビっと

いまの時代、Google先生の支援はあっても、ビビっとくるには「何か」が必要ですね!
修理が完成した頃に、またお邪魔したいと思います。

Re: ビビっと

うさま
なるほど、そうですね。
ビビっとくるのは楽器でも人間でも同じです。
本質が見えて、深いものが存在していた時でしょうか。
その出会いをいつも思っています!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arakipiano.blog43.fc2.com/tb.php/478-18b790e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

武生国際音楽祭2011 まさかの出演?! «  | BLOG TOP |  » 夏休みの最後 ピアノってどんな楽器?

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

FC2カウンター

プロフィール

arakipiano

Author:arakipiano
32年ピアノ技術者として世界中のピアノを見てきました。
ピアノがピアノだけで終わらない、人とのかかわりの中で、心に残るいろんな出会いをご紹介していきたいと思います。
よろしくお願いします。

表示中の記事

by AlphaWolfy

カテゴリ

プルダウンリスト

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最近のトラックバック

リンク